FAQ 毛細管効果はSIMERUSも同じ?

よく簡単に”毛細管効果を利用した、、、”というお話はよく見かけますし、それでなんでも説明になっているような書き方になっていますが本当にそうでしょうか。
それでは、”毛細管だったら”どこの何を使っても同じ意味になります。
毛細管効果利用式で失敗するケースも多いですし疑問です。

弊社の製品でも、なるほど、この”毛細管効果”を利用していますが、その効果を適切に活用したい場合、実際にはシステムによりかなり異なります。

ここでは、トマト栽培で、弊社製品同士(プロ向け、一般向け)で比較してみます。

一般向けとして、角形プランター(家庭用底面潅水セット)や10号鉢(SIMERUS水やりテープ、SIMERUSフロートL2)、

そして、プロ向けの製品として、農業用プランター(SIMERUSプランター+)で比較してみます。

農業用プランター SIMERUSプランター+

 

なお、トマト1本あたりの土壌の量などはだいたい同じ程度となっておりあまり差はありません。

給水の原理は、基本的に”毛細管効果”を使用したものですが、特に、底面潅水用セットとプランター+の給水システム基本構成はほとんど同じです。

底面潅水セット(2Lペットボトル2本セット、左)とSIMERUSフロートL2(右)

SIMERUS水やりテープ (2Lペットボトル 3本)

水管理(補給)などについては、SIMERUS水やりテープと底面潅水セットがどうしてもペットボトル補給注水が必要ですが、それでもビニルハウス内でペットボトル分だけで2-3日はもっています(これは、写真のようにある程度トマトも大きくなり、かなり蒸発散が多い条件での値です)。
なお、プランター自体にも水が貯留されていますので大体ペットボトルだけの倍ぐらいの期間は給水されます。プランター+やフロートL2では、たまのレベル合わせ以外は実際のところ給水の手間というものがかかりません。給水元のタンクから自動調節給水であり安定しています。また、写真を見ても土壌は、部分的に表面が乾燥している程度で、適度な水分状態に保たれています。水分ストレスも適度にかかっています。

栽培の結果についてみると、1株当たりの土壌などの条件がほとんど同だったのにもかかわらず、プロ向けのプランター+(個人向けもお受けします)のものでの収量自体がかなり大きいですし、実の大きさも300g以上(かなり大きい)のものもよくみかけ、大体他の2倍の感覚です。実際のところ、養液栽培などに比べても圧倒的にコストダウンできるシステムとも言えます。

個人向けの製品では、簡易に利用できるなどを中心に考えているためもあって、収量などがどうしても劣っています。
つまり、本来同じような生育にならなければならないはずですが、より生産に志向した設計のプロ向けのほうでアドバンテージがあります。
なお、一般向けのものでもジョウロなどほかの水やり方法に対して劣っているわけではありません。

つまり、
弊社の製品同士で較べても、毛細管利用といってもそれぐらいは違うということです。もちろん、同じ土壌同じ肥料の条件でです。なお、プランター+についても特別な肥料管理などは行っていません。

一般向けのSIMERUS水やりテープやフロートシリーズ、底面潅水セットでも、このプロ向けのものに出来るだけ近づけようと工夫を加えているものであり、単に”毛細管効果だけでなんでもできる”といった性格ではありません。

最後に、実の味については、それぞれ大体同じような仕上がりで、普通売っているものより甘くて美味しい(充分売れる?)という言葉も頂いております

トマト収穫例 360g 最大407g