底面潅水式水量増強、水位安定法(春→夏向け 旅行時など)

SIMERUS水やりテープは1本あたり60円弱程度です(15本or30本単位販売 2019/2現在)。また、中性洗剤で洗浄して繰り返し使えます。詳しくは製品一覧やペットボトル栽培特集の各記事(トップページにも基本解説を掲載しています)をご覧ください。

また、以下の記事では、例えば、ペットボトルにあける穴の高さ調整など、もともとの水面設定状態にあわせた調整は必要です。つまり、①での台座の高さなども勘案して水位設定しなければいけません。また、ペットボトル菜園の強化法②でも水位に合わせ、水受けの高さを調整する方法(ペットボトル下半分を適当長さに切って、高さ調節しキャップの位置を適切し給水する)方法が詳細に書かれています。参考にしてください。

①底面給水全般の給水能力強化策

底面給水の場合、水受け皿の容積だけだったら、夏場だったら特に、長持ちしないでしょう。また、水位が段々と変わっていくことでSIMERUS水やりテープはかなりその点の配慮はしていますが、全く給水性能が変わらないわけではありません。もちろん水がなくなったら給水できません。以下のようなもので給水量を増大できれば留守でも安心です。

この例では、底面給水用に、SIMERUS水やりテープを底面にセットしています(鉢底石は使いません)。この例(台座は猫除けマット)だと、水深最大3cmまで、それ以上だと過湿になります。つまり、鉢底が水につかってしまいます。

※特集記事 プランターや鉢でも底面給水(SIMERUS水やりテープ利用式)を参照してください。

台座とはこのようなもので実現できます(特集記事 プランタや鉢でも底面給水 参照)。
植木鉢やプランタの各種台座、猫除けマット(高さ約3cm)やプラグトレー(4cm前後)で簡単に実現

そのため、★全体の水量を増大させること ★水位設定を安定させること というのが重大となります。つまり、水受け皿にタイムリーに水を追加補給する方法を考えてみます。

その方法として以下を紹介します。

※以下ペットボトルを使用する場合、必要ならペットボトルレンズ効果の防止のためや緑水の抑制から遮光などを行ってください。また、以下の水受け皿のうち大きなものは特に、できるだけ水平に設置しなければ、うまく水が広がらないので注意してください。

まず、鉢(~18cm位まで)単体ならば、水受け皿に百均ショップでもよく売っていますが、犬猫用のみずやり器(ペットボトルをねじ込むタイプ)などで、水位安定、給水量増加が簡単でしょう。左の緑色の鉢より、水がはるかに長持ちです。

ペットボトルもかなり大きなものまで、水を入れ、さかさまにしてねじ込み利用できます。

この例で(隠れていますが、鉢の)台座の高さは4cm程度です。水深は2cm程度です。

プランタや複数の鉢などにまとめて安定した水位を設定し、水も長持ちさせたい場合、以下の方法をお勧めします。原理は上と同じです。

左は給水量強化タンク 下の写真のように加工します。
大きなペットボトル(複数)だと大幅長持ちです。

この例で台座の高さは4cm程度です。水深は2cm程度です。

これは、以下のように、マリオットタンクの原理を使ったもので、この場合、上のキャップは締めておきます。また、下の穴は、水を注入する都合から言っても1.5×1.5cm位です。穴の上端が、水位になりますから普段鉢を置いている高さ(よりは低位に)適宜調整してください。また、十分安全に加工作業してけがの無いようにしてください。

キャップは締めておく
立てた時、→位置~底が水深になる、
はさみ、カッターなどを適切に使用し安全に加工してください。

重要 プランタや植木鉢が水没しない程度の水深とする 目安1.5-2cm程度(猫除けマットなど3cmぐらいの台座の場合)と思います。

②ペットボトル鉢(ペットボトル菜園)自体の給水能力強化(特集記事も参照)

下部が水受けになっていますが、季節などによってはすぐに水がなくなってしまいます。
旅行などで困りますね。

次に、ペットボトル菜園の場合(特集記事を参考にしてください)、長期間の給水を考えた時の方法を紹介しておきます。基本的には、上記と同じことをしたらいいですが、元とものつくりが、水受けにセットしていないとコケてしまう構造なので、何らかの支えが必要です。

園芸屋さんなどにある苗箱などを支えに流用してもいいのですが、お手軽には、ペットボトルの下半分を適当な高さ(水位が適当-キャップ位置ちょっと下-になるように)に切って使います。また、下部に上で示したような穴をあけておきます。※ただしこの加工をすると水受けとしては使えなくなるので完全ペットボトル菜園型に戻すには水受けを新たに用意してください。

切り欠き加工は、はさみ カッターなどで安全に作業してください

※①の記事と違いペットボトルは下半分(この元はペットボトル菜園の水受け)だけです。

これが、①の植木鉢やプランタ用台座に対して、②のペットボトル菜園専用の台座となります。これをもう少し詳しく見てみます。以下の写真は、元々は、ペットボトル水受け式の栽培ですが、長期間対応にしたいと思います。

パッドの水深は、鉢やプランターなどと兼用だと2cm程度が多いでしょう。
そのため②で適正水位に調節します。

②黄色のペットボトルカッティングは、はさみで十分可能です。切り口により怪我を含め安全には十分注意すること、場合により切り口にビニルテープをかぶせる。
左は、給水量の増強用のペットボトル(キャップ付き)
右下は、上の写真のように、ペットボトル菜園下部に水が流通する穴をあけて水受けの代わりにしています。
下の水受け皿の水位がペットボトルにも設定されていることが分かります

このペットボトルの使用本数の制限はありませんし、炭酸飲料用の1.5Lまであたりが便利ですが、2Lのボトルも多少たわみますが使えます。また、大きなパッドを使えば複数の鉢などを設置することも可能です。

なお、とことん給水量(貯水する水量)を大きくしたいのなら、土壌が当初過湿になるので構わないのなら、パッド上端までぎりぎり高さまで水をはります。

※水位を高くするとき、ペットボトルは満水にしておく→そうしないと第一容量的に損ですし、浮くことがあります。

これは、過湿になりやすく、あまり生育によくないので旅行など一時的な対処法としてください。また、どれぐらい水が持つかというのは事前にチェックしておいてください。条件によってかなり違いますのであらかじめの準備は大事です。

ペットボトルの代わりに大きなバッドで、例えば10Lの水タンクを使うなどの荒業も可能です(実験済み 例えば、タンクに水を入れ、キャップ小を外しておいてひっくり返して設置・給水する。このとき水深を確保するためと水をいきわたりやすくするため、1~2cmの板などをタンクの下に敷いておき、ちょっとだけ水面を上にあげて設置する、ただし、安全には十分気を付けてください)。ちなみに、5Lなど小さいものはいいものの、20Lタンクを使うなどあまり欲張りなことをするのは実用上やトラブル回避の点からお勧めしません(腰を抜かすなどの事故にもつながりやすくなります)。どうせするなら、10L×2とか5L複数とかにしましょう。

いずれにせよご本人に無理のないように。

水受け皿・鉢底皿 パッドに水をためるということは、猫も犬もその水を飲めば危険とは言えます。その点は、”飲めないように”注意してあげてください。

※上からじょうろで植木鉢やプランターの土壌に直接水をやって下の水受けにためれば余計に肥料や農薬が溜まりやすいので 原則避けましょう(根を散らしたい場合などはをふくめ、緊急的必要時は異なります) 。