この方法では鉢底石は要りません:ハイドロカルチャー用の媒体も使いません むしろ水の伝達に不都合です

この弊社の紹介するペットボトル鉢式栽培・菜園や底面潅水方法はあくまで普通の培土を用いた”土栽培・土耕です”:それでも鉢底石などがなくても過湿になりませんので無駄なく後片付けも簡単です。

追記:ここで示した各方法でも、後片付けが便利な「燃やせる土(可燃物として捨てられる培土)」にも対応できますが、水位設定等をややシビアに調節すべき傾向もありケースバイケースでちょっぴり管理は難しめになる傾向と現時点では判断しています(培土メーカーさんによっても結構違いがありますし、なんかタイヤ類と同じで、結構新製品で性能は上がっていっているようでもあります)。

基本 土と水 ペットボトルとSIMERUS水やりテープがあれば、栽培のスタートが可能です。 鉢底石はいりません。むしろ給水の障害となります。それで過湿が心配と思ってもそうはならず過湿対策も自動的にできてしまいます。

いわゆる”軽く湿らせる”を基本コンセプトにしています。基本、以下の写真の鉢底のキャップは、緩めてセットしますが、水没させません(水没させると一般に過湿になってしまいます)。この工夫で水やりテープの性能を活かして適切量給水されます。また、仮に上から散水や降雨などの水があっても下部へ排水されます。なお、以下は培土を詰めているだけです。 つまり、ほんの少しの投資(1本60円弱)が大幅に栽培や緑化の可能性をふくらませます。