”ペットボトル 水やり” & ”ペットボトル 野菜・栽培・菜園 ペットボトル植木鉢”「違い?」

このタイトルは、いわゆる微妙な言い回しに関するといえばそうです。また、どれが正しいと断言することもしません。

しかし、実際に検索サイトで少し言葉の組み合わせを違えて検索したら結構違いも出たことがあります。ある意味、面白いとも思いました。

ちょっと混乱する言い方ですが、植物栽培に関する分野では、”ペットボトル 水やり”は、植木鉢やプランタ等に対し、ペットボトル容器から直接的に水を給水するということにヒットするでしょう。大体そうだと思います。弊社製品(SIMERUS水やりテープ 1本あたり60円弱-2018/2)だったら、以下の図のようです。

SIMERUS水やりテープは表が黒(土壌への給水面)、裏が白色になっています。

キャップは緩めて使います。水は漏れません、土が乾いた分だけ水が供給されます。黒の面が土壌に接触します。

なお、”ペットボトル 栽培”では、以下のように、土耕式の場合、ペットボトル自体の何らかの部位を土壌用の鉢にすることをいうのだと思われますが、検索結果に、上記の水やり器自体と混用されている感じもあります。ペットボトル植木鉢というのはそのものずばりな感じです(環境教育などで使われているイメージ)。

まあ、弊社の例 下の写真で示すとどちらの意味もありますとも言えますね。

また、水耕栽培の例もかなり多く実質その意味で用語が使われている(検索でヒットする)とも感じます。”ペットボトル 野菜”(大体が水耕)というのもあります。

上と同じく、黒の面を土壌に接触するようにしておきます。
※本来の使い方から言うと逆にセットする形
下部に給水をためます。
キャップは緩めたままで、雨の排水なども下に逃がします。

このように給水テープが薄い(約0.2mm)というのもパワーです

秋作ものですが、その後、冬場(室内引っ越しで)バジル(30cm以上)やパセリ(20cm以上)などどんどん大きくなりました。イチゴもありますが、秋冬は葉物がやはりおすすめです。
キャップは基本水没させないことにより、過湿を防ぎます。一番左でぎりぎりです。

右で3cmくらい低くて、そろそろ水を足しましょうかということろです、良く育っていますし
→もちろん水が全くなくなるまで水やりテープ伝達で給水はできます

さらには、以下のようにスプラウトや幼苗などで保温や湿度維持のために使うというのも考えられます。まあ、”ペットボトル栽培”のうちと思います。※下は、スプラウトの簡易温室の意味合いであり、特集記事にあります。結構便利です(今冬季の当たり作かも?、キャップで湿気などの加減もできる)。

まあ、上の例では、”ペットボトル(水受け)で水やり”ということにもなっていいなくもないということですね。しかしながら、わざとややこしくするわけではないですが、少なくとも直接ペットボトルからの給水ではないというのもあります。限りなく似ているかもしれませんが? 下の写真では、土を入れた鉢の下(ペットボトル下側)は、たんなる鉢の台(筒)にしているだけです。下に穴が開いて横から水が流入します。あくまでもパッドで水位を設定して給水していることになります。※なお、左のペットボトルは、単に給水量の増大策長期用対策であり絶対必要というものではありません。まあ、禅問答でもないですが、つまるところ、

下の例はなるほどペットボトルの給水量ブースター付きで絵面的にかなり分かりにくいのはごめんなさいとして、

”ペットボトル 給水”とは厳格に言うと異なるわけです(シビアには検索に引っかからない)。やっぱり、”底面 給水 潅水 ”とかでしょうね。

微妙なところですね。それにしても、履歴の解析やそれに加えAI的なものを含めた各検索エンジンの表示結果はいろいろ工夫されたものなのでしょうが、こちらで検索条件をちょっぴりいじると

”おや?”という新たな発見があるかもしれませんよ。←”どうでもよいわ”と思わず面倒くさいのにも耐える必要も多少あります。複数語検索なども工夫してみるのも面白いですよ。※豆知識的ですが、”有名サイトの翻訳機能”なども最近は無料でも初めから結構すごい結果を出しますが、さらに、翻訳時、気を使って、**が****なった、とかを、**は****なった(受動態)とかやってもニュアンスが反映され結構違うからすごいと思います。これらの点は最近リアルに助かっています。

レタスの右ペットボトル下筒は、ここでは、上を支える台でしかありません。つまり、左の給水補充用のペットボトル同様、下部に穴が開いています。つまり、左上キャップ付きは、鳥や犬猫用の自動水やり器の原理で水を供給してパッドの水位を保ち、右のレタスに給水します。

 

↑これらの方法に関する各特集記事へは、記事一覧やホームページから

いずれにせよ、給水を効率的におこなわないと、結構廃水がでて、周辺環境にもあまりよくないので、効率的水やりを心がけてください。※土を水ですすぐ効果とはいいますが、それをリーチングとは言いますが、一般の栽培でしょっちゅうする必要のあることではありません。

水受け皿・鉢底皿 パッドに水をためるということは、猫も犬もその水を飲めば危険とは言えます。その点は、”飲めないように”注意してあげてください。

※上からじょうろで植木鉢やプランターの土壌に直接水をやって下の水受けにためれば余計に肥料や農薬が溜まりやすいので、原則避けましょう(根を散らしたい場合などはをふくめ、緊急的必要時は異なります)。



おまけ写真
じゃあ、これは何給水なんだということは、、、ここでは省略します
(百均ショップの犬猫水やり器転用)。特集記事にあります。