長期間の栽培&比較的大きくなるもの(根の集中現象→水が広がらないトラブル回避の方法)

2018/12/15更新

以下は、一言で言うならば各種植え替え(植え直し)方法の紹介です。

親水性のひも類や底敷石を使っていないので簡単にできます。それらがある場合、引っ掛かったり、混ざったりであまりうまく作業できない可能性が高いです。


もちろん、大きくなるのが分かっている野菜なら、始めから大きな容器で育てればいいということになりますが、例えば、育苗を小さい鉢単位で行い、生育に応じて良いものだけ定植するとか(つまり、ペットボトル栽培を育苗と考える、ある意味始めから大きな容器に多数播種してそののち”間引きする”と同じ考え方です)などにも対応した記事になります。

カイワレ大根やレンズマメ、ブロッコリなどのスプラウトから、イチゴ類などのある程度までは大きくなるといった野菜類までだったらあまり植え替えや間引きにこだわらないでいいかもしれません。

しかし、大玉トマトやキュウリ、ゴーヤなどは特にそうですが、大きくなったら他に植え替える手段なども考えておくほうが安心でしょう。

※小さい鉢単位で播種した場合でも間引きは必要な場合は有りえます。さらに、

小さい鉢から植えかえることが前提の育苗にも使えます。


同じペットボトル鉢に、あるいは、より大きなペットボトル鉢に、さらには、普通の鉢やプランター類(底面潅水化の記事有)に植えなおす。

※通常のポッドなどでは、底面潅水式ばかりでなく、SIMERUS水やりテープ本来の使い方に転換することも当然考えられます。

根の発達-根群-植え替え1 根の発達-根群-植え替え2

※画像はクリックして拡大できます。

※入れ替える(植え替える)前にキャップに装着しているSIMERUS給水テープに貼りついた根ははがしてください(性能に影響します)。


注意点

元々このペットボトル栽培には、小型の植物の栽培に向いていますが、トマト(ミニトマト)やキュウリ、ブロッコリやセルリ等ある程度以上大きくなり栽培に数か月かかるものでは、写真左(定植より約2か月経過時点)のように、根が下にも集中して、トータルでの水の広がりが妨げられ土壌の栄養分の吸収にもよくない状態になる場合がありえます。

この点は、透明ペットボトルの場合、外から確認できるので便利です。

本方法では、一般のじょうろ給水の鉢(ポッド、プランター)のように内壁にマット状に根が真っ白に張り付くというのはあまりないです。なお、あの根の白マットは一般的に生育(水分や養分吸収)にはかなりよくないといえます。

特別な対策を講じない限り(例えば防根シート)、じょうろなどで普段給水を行っているものなどの小さな鉢類栽培にはそのような根のマット状集中による水や養分吸収の問題がついて回ります。これはポッド栽培の限界の一つです。本方法でも作物の吸水能力と水やりテープの給水能力とのバランスがよくないと水やりテープ部に根が集中する場合はありえるということです。これはいつでも起こるということではありません。写真でも根が内壁に網の目程度来ていることが分かりますが、外側に真っ白のマット状に壁を作るというのはあまりないです。

土壌の量に対して小さい作物で水の消費も少ない小さいものの場合はあまり見られません。スプラウト栽培等では特にそうです。


土壌を外した後、右の写真のように入れなおします(植え替え)。

一度、植物+土壌+根群 を丁寧に取り外し(根はできるだけいためないのが原則)、下部に土壌を追加し再度 植物+土壌+根群を入れなおします。新しい土と根群がよく接触するように押し込んでください。右の写真では、説明のため水を流し込んで見やすくしています。

この方法は、盆栽の鉢植え替え管理にやや似ています。

※この作業については、2L等のペットボトルなどで見られる蛇腹の構造のボトルでは難しくなるかもしれません(当初の詰め方にもよります)。場合によっては、ペットボトル側面を切って新しいものにしたほうが効率的だと思います(給水テープは当然ですが付け替えられます)。上の写真例では、下のキャップを外して差し込める太さの棒も併用して少し押し出し、後は持ち替えて崩れないように根や茎が傷まないように引き出しました。


プランターなどへの植え替えの勧め
(より大きくする あるいは その前に食べてしまう?

※大きめの苗の数をそろえたいなどの場合以外、大玉トマトなど明らかに株が大きくなるものなら、始めから大き目のポッド(鉢)栽培(関連記事有)にしたほうが、良いと思います。苗(あるいは種子)をいくつか植えておいて間引きもできます。

また、上でも触れましたが、普通に(本来の方法で)SIMERUS水やりテープ+水ペットボトルでの給水に切り替えて大きくしてゆくのも”有”です。SIERUS水やりテープ本来の使い方→製品一覧参照、この点は、旅行の期間などや、準備できる資材などでも勘案してお決めください。

給水用のペットボトル、プランター、土壌などを用意したら、このペットボトル鉢で使っていたSIMERUS水やりテープは付け替えて使えます(※白黒の面の向きは逆にセットしますので注意、説明書(pdf有)参照)のでコストもあまりかかりません。

また、個人向けにもさらに本格的には、SIMERUS底面給水用各種製品もあります。

ペットボトル栽培セロリ大きさ→何事にも限界はあります

丁度これなどプランターなどに植え替えるかそろそろ食べるかですね

(セルリ(セロリ)高さ約30cm横幅50cm以上 1.5Lペットボトル型)。

 植え替え&長期間自動給水化(記事有)


 プランタ+SIMERUS水やりテープペットボトル 底面潅水+犬猫用の水やり器水面を作らない底面潅水

弊社の個人向け各種製品例