お願い-重要事項が多数- 初めにご一読ください3/3

 

SIMERUS水やりテープ式のアドバンテージ
<特製の薄型親水性不織布を使用した植物用給水テープ>
以下の簡単準備簡単栽培の方法には、弊社SIMERUS水やりテープが必要です。それを使うからこそ理想に近づけた水管理ができますし、手間も大幅に少なくできます。

 SIMERUS水やりテープは表が黒(土壌への給水面、土壌との接触面)、裏が白色になっています

SIMERUS水やりテープなどの弊社の不織布利用の給水方法では、基本的に水位を一定にすると乾湿に合わせた、毛細管効果利用の、自動給水量調節機能もより安定で精密になります。

土壌を健康的に”連続的に軽く適度に幅広く湿らせる”ということは基本になります。コストも手間も最小で、、、 大抵の野菜類などの水管理の原則といえるでしょう。シャキシャキになるし、ふやけた感じも少なく、無駄水(肥料、農薬)でにくくなります。同時に水の広がりの両立も十分考えているので土壌自体の肥料分も有効活用できます。


SIERUS水やりテープ式のペットボトル植木鉢
作りやすく、極限的に簡易+自動調節給水性能とのバランス

※以下の記事にあるように、ペットボトル底部分を水受け皿にすると、段々と水位が変化し、通常だったら給水性能が落ちてしまいますが、本方法では、土壌の乾湿の度合いによってかなりの部分が打ち消しあい問題はありません(キャップ底から0~-3~-4cm程度まで、水位が低くなるとやや少なめにはなります→これは、給水量の全般的調節に使います)。

水を継ぎ足す場合、大体平均的に-0.5~-4cmの範囲になるように適時水を足してやってください。

なお、関連記事(カテゴリー 個人向け…)にあるような水位一定、長期連続給水のセッティングにするとこの問題は全くなくなります。つまり、弊社製楽々底面給水シートの水面を設定するタイプと同様の効果です

この方法は、倒したり降雨の影響などがない限り、水が漏れませんし、水面設定高さ(キャップ上端高さから0(給水量大)~-4cm(給水量小))により最大給水能力も大幅に高くできますが、さらに、より安定して長期連続給水にするかも選択できます。


給水能力の調整能力強化(連続自動給水化)

これらの加工法など(給水レベルを変えたい場合の水位設定の調整、また安定的連続的に行いたい)については、記事メニュー カテゴリー 個人向け… 改良型新底面給水…給水能力強化 参考にしてください。


<似て非なるもの①>

一般に、弊社以外の製品利用などで、親水性がある紐類や部厚い給水用テープ(商品名で有り)では、高さなどのセッティングにより必ずしも高性能は出るとは言い難いですし、ペットボトル植木鉢土耕菜園式だと一般に穴あけ加工など確実に手間が増えます。

<似て非なるもの②>

なお、一番簡単なペットボトルぶつ切り(にしただけ)土耕鉢植えで、下は底水式(キャップを緩めて土の下が水につかっている)かじょうろで水やりというのは、学校学習向け等(ペットボトル植木鉢)で見かけますが、実際のところじょうろ管理の手間は大変だし、底水式だったら特に過湿になりやすく生育によいかどうかわかりません

<似て非なるもの③>

これは、本来のSIMERUS水やりテープの使い方、つまり、ペットボトルを給水タンクにして、給水テープをキャップにセットした状態のことを言っています。

同じだと言われがちのことなのですが、これも似て非なるものであり、SIMERUS水やりテープをセットしたペットボトルの給水は、いわゆる 三角ノズル・穴あきノズル(ドリップ・点滴式)とは、全く異なる方法です。

ドリップ式水やりのキャップを付けたペットボトルなどについては、カテゴリー FAQと解説全般の記事 水やりのコツとは言いますが(特に家庭では? 2019改訂版)ドリップ・点滴灌漑、自動給水を参考にして下さい。なぜ、うまくいかないことがよくあるのかなどを詳しく説明しています。

解説一例Click!


余談ですが、弊社の提案している土壌を軽く連続に湿らせる方法であれば、ペットボトルの水受けの水位変化を物差し類で観測することにより、正確に植物への給水量が割り出せます。これは、水がこぼれないシステムであり正確に水を継ぎ足すこともできるし正確です、うまくやれば、水位変化などとインタネットなどでもすぐ探せるアメダスの雨量観測結果などから、植物に対する雨の貢献度さえもある程度推測できます。あと、昼と夜の水消費の違いなどなど。つまり、お天気の結果と合わせグラフになどすれば、場所や種類等に応じてのいろいろなことが結構奥深く分析できます。つまり、もろに、夏休みの理科宿題向けですね。スプラウトなら最短1週間以下でできるかも!←都合がよい?

これのいくつかのパターンは、自身で実行し2019夏場にライブ的に特集記事化してみようかとも考えています。水質チェックなどもできそうですね←きりがない!

それはさておき、

弊社購買サイトなどにもありますが、厚さ約0.2mm弱のこのテープは15枚入り(あるいは、15枚2つセット)販売でお分けしており1枚当たり60円弱(2019/2現在、ペットボトルだと1本に1枚必要です)になります。なお、写真のように増やしていけば、水やりテープ枚数は、すぐに数十枚使うことになると思います。15枚や30枚はご準備いただけられたら幸いです。なお、SIMERUS水やりテープは中性洗剤などでの洗浄も可能で、繰り返し使えますので栽培終了時に頻繁に交換する必要はありません。弊社のテスト例では数年間使い続けたというのもたくさんあります。 記事はいろいろな水やりや温湿度管理のノウハウを書き表したものですが、良好な生育には、土壌水分、温度、湿度等のバランスはとても重要になります。そのため、以下は弊社製のSIMERUS水やりテープ使用の場合を想定した記述となっており、他の目的に転用したり異なる給水材質を用いた場合、多分、バランスが崩れ、思わぬ結果になる可能性があります。ご注意ください。


キャップに取り付けたSIMERUS水やりテープは、外して繰り返し使用できます。もちろん、ペットボトル植木鉢式でもSIMERUS水やりテープ本来の使い方でも、

根が極度に集中するなど、あまり極端な使い方をすると劣化が早くなるので受け替えの方法などに関する記事(カテゴリー ペットボトル土耕栽培 解説 等)を参考にしてください。また、あまり、PETボトルキャップ内側に土壌がかんだ状態でSIERUS水やりテープを装着しないこと。

PET構造

つまり、一度購入すれば、経済的で、長持ちできます。飽きるまで!飽きても使えます!


なお、弊社製品を使用した条件でも条件が多岐にわたるため効果を必ずしも保証するものではありませんこともお断り申し上げます。 弊社製SIMERUS水やりテープ利用ではそれ自体の仕様でかなりの部分節水・最適化されますのでかなり楽ですが、俗にいう”水やり**年(水やりはとても難しい)”という説にもご留意ください。

さらに、(電子工学の工作系雑誌などでもとりあげられているし、弊社でも使わないわけでもないですが)この点はIoTやSoC(System on a chip)やセンサ、AI類による管理・制御とすれば簡単に解決するとは言い難いです(”手段や管理等”により無理筋になると思います、記事一覧FAQ等)。