楽々底面給水シリーズ・水やりテープのコンビネーションでいろいろミニ花壇

以下の様に、いろいろ組み合わせが考えられます。

基本的には、排水口をふさいだプランタ―などに水面設定(写真の上下ひっくり返したペットボトル)を行い、楽々底面給水シリーズの給水シートを敷いてその上に(水分が良く伝達する)不織布ポッドを置いたりして組み合わせています。

勿論、SIMERUS水やりテープを使ったペットボトル植木鉢を組み合わせることもできます。

この水面設定の方法は、基本的には、個人向け・底面潅水…の記事:底面潅水式水量増強、水位安定法 と同じです。また、ペットボトル植木鉢の特集記事も参考にしてください。

プランタ―内に水位を設定するペットボトル

水深を数cmもたせ直立させるために下に台を付けています。一般に筒状のもので代用できます。

トータルの給水能力もパワーアップです(マリオットタンクの原理)。

※基本的にはこれら↓と同じことです。カテゴリー 個人向け…. 底面潅水式水量増強….の記事参照


底面給水シートを薄緑の台が台座になります。

薄緑の台をプランタ―内にセットし楽々底面給水シリーズ給水シートをセットし(海苔巻きのようになっています)、その上に不織布ポッド(黒、レタス植栽)を載せます。

そして、プランタ―内に適切な水位を設定します(不織布ポッド底より1~3cm下程度が目安)。水位が下なら乾燥側管理(例えば3cm)、上(例えば1cm)なら湿潤側管理となります(ただし、乾湿に応じて自動給水調節ができるのであまり神経質になる必要はありません、ただしあまり低過ぎる水面だと給水が行われない場合があります)。

詳しくは、底面潅水水量増強の記事などを参照してください。

※緑色の網目状の台の上に載せているのが親水性不織布ポッド(黒色)です。

ペットボトル植木鉢式(特集記事参照)

上から見るとこんな感じです。


さらに、同じように底面潅水型の小さな花壇はこんな感じです。

黒の育苗ポッドにウエットティッシュを通し、台となる黒い不織布面に載せポッド内側の土壌に水分を伝えています。

※ウエットティッシュ類が好適:湿らせてもある程度強度のあるものということです。ティッシュペーパーやキッチンペーパーなどでは湿らせた場合強度が足りません。また、特に断っていませんが、ここでいうウエットティッシュというのは、可燃性のものをお勧めします。