カテゴリー別アーカイブ: 製品詳細

お願い-重要-

-お願い-

以下の簡単準備簡単栽培の方法には、弊社SIMERUS水やりテープが必要です。それだからこそ理想に近づけた水管理ができますし、手間も大幅に少なくできます。

一般に、弊社以外の製品利用などで、親水性がある紐類や部厚い給水用テープ(商品名で有り)では、高さなどのセッティングにより必ずしも高性能は出るとは言い難いですし、ペットボトル植木鉢土耕菜園式だと一般に穴あけ加工など確実に手間が増えます。

なお、一番簡単なペットボトルぶつ切り(にしただけ)土耕鉢植えで、下は底水式(キャップを緩めて土の下が水につかっている)かじょうろで水やりというのは、学校学習向け等(ペットボトル植木鉢)で見かけますが、実際のところじょうろ管理の手間は大変だし、底水式だったら特に過湿になりやすく生育によいかどうかわかりません

余談ですが、弊社の提案している土壌を軽く連続に湿らせる方法であれば、ペットボトルの水受けの水位変化を物差し類で観測することにより、正確に植物への給水量が割り出せます。これは、水がこぼれないシステムであり正確に水を継ぎ足すこともできるし正確です、うまくやれば、水位変化などとインタネットなどでもすぐ探せるアメダスの雨量観測結果などから、植物に対する雨の貢献度さえもある程度推測できます。あと、昼と夜の水消費の違いなどなど。つまり、お天気の結果と合わせグラフになどすれば、場所や種類等に応じてのいろいろなことが結構奥深く分析できます。つまり、もろに、夏休みの理科宿題向けですね。スプラウトなら最短1週間以下でできるかも!←都合がよい?

これのいくつかのパターンは、自身で実行し2019夏場にライブ的に特集記事化してみようかとも考えています。水質チェックなどもできそうですね←きりがない!

それはさておき、

弊社購買サイトなどにもありますが、厚さ約0.2mm弱のこのテープは15枚入り(あるいは、15枚2つセット)販売でお分けしており1枚当たり60円弱(2019/2現在、ペットボトルだと1本に1枚必要です)になります。なお、写真のように増やしていけば、水やりテープ枚数は、すぐに数十枚使うことになると思います。15枚や30枚はご準備いただけられたら幸いです。なお、SIMERUS水やりテープは中性洗剤などでの洗浄も可能で、繰り返し使えますので栽培終了時に頻繁に交換する必要はありません。弊社のテスト例では数年間使い続けたというのもたくさんあります。 記事はいろいろな水やりや温湿度管理のノウハウを書き表したものですが、良好な生育には、土壌水分、温度、湿度等のバランスはとても重要になります。そのため、以下は弊社製のSIMERUS水やりテープ使用の場合を想定した記述となっており、他の目的に転用したり異なる給水材質を用いた場合、多分、バランスが崩れ、思わぬ結果になる可能性があります。ご注意ください。

なお、弊社製品を使用した条件でも条件が多岐にわたるため効果を必ずしも保証するものではありませんこともお断り申し上げます。 弊社製SIMERUS水やりテープ利用ではそれ自体の仕様でかなりの部分節水・最適化されますのでかなり楽ですが、俗にいう”水やり**年(水やりはとても難しい)”という説にもご留意ください。

さらに、(電子工学の工作系雑誌などでもとりあげられているし、弊社でも使わないわけでもないですが)この点はIoTやSoC(System on a chip)やセンサ、AI類による管理・制御とすれば簡単に解決するとは言い難いです(”手段や管理等”により無理筋になると思います、記事一覧FAQ等)。

ペットボトル土栽培・再度利用でもっとエコ、この菜園作成のメリット!

実際、廃棄ペットボトル(ゴミ!)も増えやすい!ので増設は簡単です

(写真参照、栽培数は、だんだん増えていっています)。

以下の例で、1Lのペットボトル-10本分ぐらいならホームセンターで売っている培土15L入りなどを買っておけば増設もいまのところ全く余裕です。

この時点で10本に増産中、その後、ちょっと増えすぎて困るぐらいです!

また、このような使い方もあります。


この方法の主なメリット

このペットボトル菜園のは他の方法と比較して以下の点で有利です。

 弊社SIMERUS水やりテープ15 は15枚入り(15ペットボトル用)です!

★SIMERUS水やりテープ(1枚60円弱 2019/2)は、中性洗剤などを使って洗浄して繰り返し使用できます。なお、作り直す分も含め、廃ペットボトルはそれなりの数が出てくるので恐らく素材に困りません。→これだけでペットボトル植木鉢の原型はできます。十分お得とは思いますがどうでしょうか。

★この方法は軽く”しめらせる”が原則です。SIMERUSの語源はHPにあります。

例えば、ペットボトル栽培でも畑等でも、土を使っている場合、過湿土壌よりは空気も多く適度軽く湿った土壌のほうが、土壌空気も多く嫌気的還元的環境でもなく一般に健康的ですし、汚水も出にくく周辺の環境を汚すことも少なくなります。※好気性や嫌気性菌などの活動も複雑で、また、還元的状況への対応などでも例えば水稲(過湿でもOK)では事情が違います。

★キャップを緩めておき、その間にテープを通すだけの簡単セット、実質土はこぼれません。それでいて、(不思議に?)給水、排水は確実に行われます。←バランスが良くなるように十分考えられています。

 人間ちょっとでも楽な方が続きますよ。

★加工が楽です。加工といっても基本的にペットボトル中央で輪切りにするだけですので比較的安全で楽です。半田ごてなどで水切り穴あけといった作業は、危険が多くなると思いますし、結構手間だと思います。

 後処理も楽です。

★鉢底石が要りません。土自体のリサイクル利用を考えた場合でも鉢底石と土壌の分別は厄介です。石を取り除くわけですから。なお、仮に”燃やせる土(可燃物としてごみ出しできる)”を使った場合でも、鉢底石は普通”不燃物(分別対象)”です。

 柔軟に対応できます。本格栽培にも移行。

上に関連してもし大きくなった時などの植えかえは楽です。根が発達しすぎた場合の等の対応も記事にあります。

 夏の旅行時などの定番話ですが楽々対応です。

★留守の時の長期間対応型にも簡単に改造できます(関連記事有)。

 

他には、

★マイクロながら、水耕栽培でない、こだわりの”地産の土”栽培などもできますよ。もちろんこの場合、安全な土を合法に?入手する必要があります、なお、近所の畑から勝手に拝借とかは駄目(犯罪!)ですよ。

※極端な砂質土壌や埴土(粘土質)、粒状土などでは効果が出にくい場合があります。培土は市販の袋入り培土(野菜用花用など)ぐらいのものを基準として下さい。

 

 

底面潅水式水量増強、水位安定法(春→夏向け 旅行時など)

SIMERUS水やりテープは1本あたり60円弱程度です(15本or30本単位販売 2019/2現在)。また、中性洗剤で洗浄して繰り返し使えます。詳しくは製品一覧やペットボトル栽培特集の各記事(トップページにも基本解説を掲載しています)をご覧ください。

また、以下の記事では、例えば、ペットボトルにあける穴の高さ調整など、もともとの水面設定状態にあわせた調整は必要です。つまり、①での台座の高さなども勘案して水位設定しなければいけません。また、ペットボトル菜園の強化法②でも水位に合わせ、水受けの高さを調整する方法(ペットボトル下半分を適当長さに切って、高さ調節しキャップの位置を適切し給水する)方法が詳細に書かれています。参考にしてください。

①底面給水全般の給水能力強化策

底面給水の場合、水受け皿の容積だけだったら、夏場だったら特に、長持ちしないでしょう。また、水位が段々と変わっていくことでSIMERUS水やりテープはかなりその点の配慮はしていますが、全く給水性能が変わらないわけではありません。もちろん水がなくなったら給水できません。以下のようなもので給水量を増大できれば留守でも安心です。

この例では、底面給水用に、SIMERUS水やりテープを底面にセットしています(鉢底石は使いません)。この例(台座は猫除けマット)だと、水深最大3cmまで、それ以上だと過湿になります。つまり、鉢底が水につかってしまいます。

※特集記事 プランターや鉢でも底面給水(SIMERUS水やりテープ利用式)を参照してください。

台座とはこのようなもので実現できます(特集記事 プランタや鉢でも底面給水 参照)。
植木鉢やプランタの各種台座、猫除けマット(高さ約3cm)やプラグトレー(4cm前後)で簡単に実現

そのため、★全体の水量を増大させること ★水位設定を安定させること というのが重大となります。つまり、水受け皿にタイムリーに水を追加補給する方法を考えてみます。

その方法として以下を紹介します。

※以下ペットボトルを使用する場合、必要ならペットボトルレンズ効果の防止のためや緑水の抑制から遮光などを行ってください。また、以下の水受け皿のうち大きなものは特に、できるだけ水平に設置しなければ、うまく水が広がらないので注意してください。

まず、鉢(~18cm位まで)単体ならば、水受け皿に百均ショップでもよく売っていますが、犬猫用のみずやり器(ペットボトルをねじ込むタイプ)などで、水位安定、給水量増加が簡単でしょう。左の緑色の鉢より、水がはるかに長持ちです。

ペットボトルもかなり大きなものまで、水を入れ、さかさまにしてねじ込み利用できます。

この例で(隠れていますが、鉢の)台座の高さは4cm程度です。水深は2cm程度です。

プランタや複数の鉢などにまとめて安定した水位を設定し、水も長持ちさせたい場合、以下の方法をお勧めします。原理は上と同じです。

左は給水量強化タンク 下の写真のように加工します。
大きなペットボトル(複数)だと大幅長持ちです。

この例で台座の高さは4cm程度です。水深は2cm程度です。

これは、以下のように、マリオットタンクの原理を使ったもので、この場合、上のキャップは締めておきます。また、下の穴は、水を注入する都合から言っても1.5×1.5cm位です。穴の上端が、水位になりますから普段鉢を置いている高さ(よりは低位に)適宜調整してください。また、十分安全に加工作業してけがの無いようにしてください。

キャップは締めておく
立てた時、→位置~底が水深になる、
はさみ、カッターなどを適切に使用し安全に加工してください。

重要 プランタや植木鉢が水没しない程度の水深とする 目安1.5-2cm程度(猫除けマットなど3cmぐらいの台座の場合)と思います。

②ペットボトル鉢(ペットボトル菜園)自体の給水能力強化(特集記事も参照)

下部が水受けになっていますが、季節などによってはすぐに水がなくなってしまいます。
旅行などで困りますね。

次に、ペットボトル菜園の場合(特集記事を参考にしてください)、長期間の給水を考えた時の方法を紹介しておきます。基本的には、上記と同じことをしたらいいですが、元とものつくりが、水受けにセットしていないとコケてしまう構造なので、何らかの支えが必要です。

園芸屋さんなどにある苗箱などを支えに流用してもいいのですが、お手軽には、ペットボトルの下半分を適当な高さ(水位が適当-キャップ位置ちょっと下-になるように)に切って使います。また、下部に上で示したような穴をあけておきます。※ただしこの加工をすると水受けとしては使えなくなるので完全ペットボトル菜園型に戻すには水受けを新たに用意してください。

切り欠き加工は、はさみ カッターなどで安全に作業してください

※①の記事と違いペットボトルは下半分(この元はペットボトル菜園の水受け)だけです。

これが、①の植木鉢やプランタ用台座に対して、②のペットボトル菜園専用の台座となります。これをもう少し詳しく見てみます。以下の写真は、元々は、ペットボトル水受け式の栽培ですが、長期間対応にしたいと思います。

パッドの水深は、鉢やプランターなどと兼用だと2cm程度が多いでしょう。
そのため②で適正水位に調節します。

②黄色のペットボトルカッティングは、はさみで十分可能です。切り口により怪我を含め安全には十分注意すること、場合により切り口にビニルテープをかぶせる。
左は、給水量の増強用のペットボトル(キャップ付き)
右下は、上の写真のように、ペットボトル菜園下部に水が流通する穴をあけて水受けの代わりにしています。
下の水受け皿の水位がペットボトルにも設定されていることが分かります

このペットボトルの使用本数の制限はありませんし、炭酸飲料用の1.5Lまであたりが便利ですが、2Lのボトルも多少たわみますが使えます。また、大きなパッドを使えば複数の鉢などを設置することも可能です。

なお、とことん給水量(貯水する水量)を大きくしたいのなら、土壌が当初過湿になるので構わないのなら、パッド上端までぎりぎり高さまで水をはります。

※水位を高くするとき、ペットボトルは満水にしておく→そうしないと第一容量的に損ですし、浮くことがあります。

これは、過湿になりやすく、あまり生育によくないので旅行など一時的な対処法としてください。また、どれぐらい水が持つかというのは事前にチェックしておいてください。条件によってかなり違いますのであらかじめの準備は大事です。

ペットボトルの代わりに大きなバッドで、例えば10Lの水タンクを使うなどの荒業も可能です(実験済み 例えば、タンクに水を入れ、キャップ小を外しておいてひっくり返して設置・給水する。このとき水深を確保するためと水をいきわたりやすくするため、1~2cmの板などをタンクの下に敷いておき、ちょっとだけ水面を上にあげて設置する、ただし、安全には十分気を付けてください)。ちなみに、5Lなど小さいものはいいものの、20Lタンクを使うなどあまり欲張りなことをするのは実用上やトラブル回避の点からお勧めしません(腰を抜かすなどの事故にもつながりやすくなります)。どうせするなら、10L×2とか5L複数とかにしましょう。

いずれにせよご本人に無理のないように。

水受け皿・鉢底皿 パッドに水をためるということは、猫も犬もその水を飲めば危険とは言えます。その点は、”飲めないように”注意してあげてください。

※上からじょうろで植木鉢やプランターの土壌に直接水をやって下の水受けにためれば余計に肥料や農薬が溜まりやすいので 原則避けましょう(根を散らしたい場合などはをふくめ、緊急的必要時は異なります) 。

製品詳細 水やりテープ ペットボトルの遮光 ・熱水


2018

<ホーム トップページ>で水やりテープ応用利用 特集記事掲載中

SIMERUS水やりテープ活用-種からでも苗からでも-

安価な自動給水ポッド(プランター、鉢)紹介

ペットボトルをぶつ切りカットするだけ、難しい穴あけ省略


★液肥利用法、
★熱水問題はありません
★SIMERUS水やりテープ ペットボトルの遮光——————————————————————————–
続きを読む 製品詳細 水やりテープ ペットボトルの遮光 ・熱水

製品詳細 SIMERUSパレット,SIMERUSボックス、SIMERUSプランター+

土で作った美味しさが簡単に 安全 スマートアグリ化、簡単に均一栽培にも、バラエティ豊富な栽培にも

新素材の強固な防根シートを採用し、作業性がより確実になりました(2013/3)

余剰給水による廃水というものがありません。
※面倒な循環還元利用式ではありません。
SIMERUSは過湿が避けられない従来型の底面潅水システムではありません。
節水効果抜群 電気も機械も使わず自動調節給水 水タンクでも水道栓※でもどちらでも使えます。
続きを読む 製品詳細 SIMERUSパレット,SIMERUSボックス、SIMERUSプランター+

製品詳細 SIMERUS水やりテープ


特集記事(メニュー ホーム)


最も新しいPETボトル給水器 植木鉢やプランターに

超低速給水なので穴開きノズルのように水の無駄を出さずに長持ちキャップの穴あけ加工は不要 水やりテープをかけるだけ
流れ出る水で床を汚すことが殆どありません 節水効果抜群 電気も機械も使わず自動調節給水です。 続きを読む 製品詳細 SIMERUS水やりテープ