ホームページ(トップページ)

大事な植物栽培に、いろいろあり例えばですが、親水性マットなどといわれる給水や親水紐式、セラミック製の給水器や穴あきノズル式などで本当にうまく適当に植物に給水できていますか? 

まあ、極端に言えば、(たかが)スプラウト栽培一つとってみてもどうかな?とは思いあたることはあります。

ここのところなかなか難しいですが、”なんとなくみずやりok” ではない意味です。

なお、念のため申し上げますが、これらの各種水やり手法自体を否定しているわけではありません。でも実際はとんでもなく難しいかもしれません、

考えてみれば、あまりに当然なのですが、”水やり”にも、物理的にも(場合により化学的にも、また、当たり前として生物学的にも)合理的な水量やタイミングの管理・制御が必要だということです。そうでなければ失敗の可能性は凄く大きくなります(味も違うと思います)。なお、人間による手潅水というのも実際は非常に難しいものです。残念ながら、心情として”優しく手潅水”というのはわからないわけではないとしてもこれは言えます。

緑水学舎はその重要点を常に重視して、万能ではないとしても、だれにでも見た目はとても簡単に見えるようで?有効・高性能な植物水管理(みずやり)の方法を提案したいと考えます。


ご案内 2019年の栽培(秋~冬)実施予定・見込み

台風の影響や苗の準備具合もあり、遅れがちで申し訳ございませんが、11月から開始できると思いますイチゴの簡易土耕垂直栽培(複雑な味がのりやすい土耕栽培)他の予定、よく見かける水漏れは無しでです。

イチゴ栽培(PET) イチゴPET

それもありますが、ペットボトルの利用式各種記事については、丁度去年2018年の8月中旬から始めたものなので本TOPページからアクセスできる1年分の各種記事は参考になると思います(パソコン類なら上部・下部のメニューバーの記事メニュー、スマホ類だったら、下部のメニューバーの記事メニュー)

 新鮮

手間要らずで土壌を軽く湿らせる

去年の秋口~ だったら大体こんな感じのもののの記事です

底面潅水植木鉢関係が参考にし易いでしょう。もちろん本来のSIMERUS水やりテープの使い方も(ペットボトル自体を自動調節給水タンクに)


秋からの葉物野菜などの栽培は、食べるところも多く、虫の対策も含めて比較的管理も楽で、スプラウトなどと合わせサラダ原料などにちょこまか収穫出来て便利ですよ。ハーブ全般もいいですね。

例えば、(ジャパニーズハーブの)”ネギ”とかもそうです。

雨除け方式で、水分補給は手潅水ではできない精密さで SIMERUSで ”軽く湿らせる” でシャキシャキ野菜です。もちろん花卉類もOKです。


案内:このホーム(TOP)ページは、特に長い構成なので以下のリンクが各所にあります。色々な情報がある記事一覧などへジャンプしやすくしています。

※この↓ ★メインメニュー….(リンク) をクリックしてください

★メインメニュー・記事一覧等メニューへ(リンク)

各種記事式(カテゴリー別)の説明など含め、結構いろいろな情報を盛りだくさん掲載している本HPですが、

順々に見ていただけるとかなり総合的に”真に合理的な水やり”といったこともご理解いただけるのではないかと思っています。また、自分で作って食べるなどしたら、一般の市販のものに関してもそれがどのようなものか察しが付くようになれるかもしれません。無論、市販のものをいい悪いなど簡単に言うことはできないし、ここではそれは意図しませんが、自身で”判断できる物差し”を持つことは、生産者、消費者とも向上の前向きなインセンティブにはなると考えます。

ミニトマト収穫 ミニキュウリ収穫 ミニトマト、ミニキュウリ

春から夏の栽培 7月末無事に終了しました。参考までに給水量記録に説明をつけたものを記事カテゴリー 栽培例ギャラリー2019年7月に載せました。

 積算給水量の記録


ペットボトルのリサイクルやリユースの進化形

アップサイクルの考え方です

→いろいろな使い方SIMERUS水やりテープ

SIMERUS水やりテープを追加することが可能性を広げる大きなポイントです。単なるPETボトル利用土耕栽培のレベルをはるかに超えていけます。それも確実に!
つまり、”安定して軽く湿らせ続ける!” →他では無理かもしれない?

また切るなどの加工はミニマム(”簡単に用意できる”も性能のうちです)、廃水を基本的に生じないなどを含めいろいろな意味で衛生や環境を守ります。

①PETボトル自体が植木鉢化

SIMERUS-PET植木鉢 SIMERUS-PET植木鉢構造  

いろいろ簡単にPET植木鉢 特にスプラウト類はほとんど常時栽培できます。

 

②写真の鉢は、百均鉢と水面を作る水受けを利用したもの利用です。

手前は、連続給水用の水タンク(これもここがPETボトル利用です)※これは、①でも活用できます。

底面給水植木鉢  

SIMERUS水やりテープを下部のスリットや穴から通して水受けへ垂らします。つまり、市販の鉢類利用で底面給水植木鉢も簡単実現です。

★概略の説明と、各種製作法や栽培法の記事へのアクセス法は、記事カテゴリー お知らせ…メニューの表示を大幅に変えました に詳しく記載しています。

★重要:本サイトページ操作法の詳細説明(変更部分)リンク★

9月に入って、

それにしてもまだまだ暑い、皆様、熱中症などに気をつけてください。

なお、植物も具体的に体内に水分を確保していなければ、”熱中症みたいなもの”です。なお、植木鉢の底から水分が抜けだしていくのなら根から取り込むこともできません。軽く土壌を湿らせ廃水も出さないというのが結局水も一番長持ちだと思います。記事一覧メニュー 個人向け….の記事等にも長期間の連続給水に対応した方法が紹介されています。

以下重箱の隅的お話かもしれません(よく聞く反論)。なお、一番聞きたくなることは、それでは実際どうしたらいいかということです。

よく聞く反論(植物にはじゃんじゃん水をやらなければならない!)についてですが、イヤ地対策と言って連作障害の対策などで畑などに水を大量に流す・排水する(リーチング)というのもありますが、もともとそんなにしょっちゅう必要な作業ではありません。その目的のためもあってか、そうしないと(下手な水やりでは?)隅々まで水が行き渡らないということも意味するのか、毎回ジャアジャアじゃんじゃん水をかけたほうが良いような言い方をする方が一部いらっしゃいますが、一般的な植物栽培では、それが畑でも植木鉢類でも言い過ぎだと思います(特殊なものや管理法は除く)。水資源の無駄遣いに直結です(外国では、水の使い過ぎが土地の塩類化・塩分化 砂漠化にもつながるところもあります)。また、考えてみれば下水などに流れていけば、蒸発で涼しくもなりません。なお、SIMERUSでは、必要な水量が無駄なく土壌全体に効率的にゆっくり広がってゆく性能を持っています(それが蒸発散するのなら冷やす効果は大きい)。それにしても”下手な水やりとは何?”というのはありますが、水やりは難しいといえばまあそうです。※給水速度と量と利用効率の関係にもいろいろ言われます。また、有名(そして独り歩きしている言葉としてあるもの)ですが考え方が意外に難しいものに”土壌の保水性”というのがあります(これが大きければいいとは簡単には言い切れないです)。砂漠化対策の植林とかでこういうのと併用というのもかなり真剣に考えなければ無効かもしれません。これら一般に言われているのと現実の効果(利益)は同じとは言い難いのもありますよ。


大きくなりすぎて植え替えのようなケースバイケースの対応も、記事一覧 栽培ギャラリーやPET植木鉢の記事、底面給水式に関する記事などを参照してください。※いずれもSIMERUS水やりテープを応用した軽く土壌を湿らせる方法が主体です。

つまり、大きさに応じてSIMERUS・PET植木鉢も構いませんが、植え替えのタイミングで、(軽く湿らせる)底面給水式自動給水植木鉢へ転換も!特殊な専用鉢は要りません。


秋栽培ももう至近距離:なり春から時間もたち、うっそうとしてきたので、次植える苗(トマト類等)を作っています。←トマト類秋栽培するならですが、葉物と違って秋口(9月くらい)はあまりトマト苗は売っていないと思います。そのため、種まきから苗の準備(実生栽培)もよいと思います。※注意:トマトなどの苗育成は場合により1~2ケ月単位等と結構時間がかかります←当方では当然のように苗のポッド栽培類でも自動給水で管理を楽にしています。なお、夏といっても発芽条件等に”高温注意”もあります。また、栽培全般のスタートが遅くて、寒くなる時季までの栽培になると、簡易温室利用などでも完熟というのは結構難しくなります。

個人向けにも! 簡単準備で活躍します!

★メインメニュー・記事一覧等メニューへ(リンク)

★記事化予定やピックアップ7月~9月

 

真夏・初秋から、詳細は未定(予定は未定)ですが、①イチゴの垂直栽培(垂直棚栽培)、②SIMERUS平面緑化システムを応用した(複数並べてつなげた)ミニ(ゴルフ)グリーン(パター用※人工芝ではない、多少の起伏付き)、といったところを考えています。なお、特に②は芝の種類やら季節により結構ハードルが高いというのはあらかじめ申し上げておきます(結構あれは気難しいです!来年まで長い目で見てください!)。


★メインメニュー・記事一覧等メニューへ(リンク)

水やり記事各種(もちろん良心的なもの)を見ると

それらは、”水をたっぷりやりましょう…”とか、”ポタポタ確実に出します…”とか、”…を漬けておけばいいです”とかの記事は多い傾向です。無論、それらを特に非難したいわけでもないのですが、明らかに生育結果に責任を持つものではないとはいえるしょう。まあ、それらをみて、なんとなくの雰囲気に流されて”いける”と思って参考にする方の自己責任!なのだろうし…..ですね。リスクは常にあるものではあります。

なお、やや希望をなくすような言い方ではあり残念ですが、大抵の場合、それらの水やり法を誰でもが簡単・最適量に調整できるかどうか(操れるか)は話が全くに近いほど別だと言えるでしょうなお、電子式のIoT類のものでも最適制御なんて酷くしんどいですよ。正反対にじょうろの使い方なども実際最適というのはものすごく難しいです(この場合、水やり3年とかでマスターできるとは全く思いません、無理筋です)。

弊社の提案”安定して簡単に軽く連続に湿らせる”はそこが違います。なお、弊社製品でも毛細管効果は活用はしていますが、その毛細管効果だけで何でも解決するというのも現実には明らかに間違ったミスリードする言い方です。 記事一覧 カテゴリー FAQ と解説全般(他の水やりの特長等) 記事を参考に 

※環境条件により弊社の方法も栽培の結果を保証できないのは他の方法と同じと言えば同じであることはお断りしておきます。また、電気に詳しい方向けの言い方になりますが、センサやIoT関係技術活用でも土壌水分管理はえらく難しいという事実の中には、”その道で有名な高性能SoC(システム オン チップ)入りであるラズベリーパイ(ラズパイ←超小型コンピュータ)や類似のコンセプトのもの” での土水環境制御装置”なども残念だけど入ります。このラズパイなどは安価・汎用的などなど凄いマシンだとは思いますが土壌水分制御に関してはそういえます(ちなみに弊社でも他の用途では何台か便利に使っています)。

まあ、その(難しい)割には、旅行などで連続で手軽に自動給水したい

という要望なども多いですね。少ないように見えるポタポタ程度でも容量によっては2日もたない場合(その割には下から流れ出していたりする)もあり得るでしょう。そういうのは場合により、枯れたり、過湿でおかしくなったりで”絶望した!”で困ってしまいますね。

一部は自分で育ててみて食べてみなくちゃピンとこない

普段食べている野菜も、農家でもなければ大半は購入するにしても、簡単なものでもいいですから一部は自分で育ててみて食べてみなくちゃピンとこない、わからないことが多いと思います。→野菜も同じ種類・種子でも育て方によっては味はかなり違います(方法を選べば素人でもその違いは出せます)。なお、これは流石に肥料種類や土壌の種類だけで決まるようなシンプルな話(←それだけでも複雑ではあるかもしれませんが)でもないのは厄介です。そこで<水管理>水やりですが、大元はそれで決まるというの実際言われる話とは思っているのですが、、、←その割にはテキトーにしかされていないことも多いと思えるのが残念です。

例えば、弊社個人向け簡易製品利用、以下の①~③の育て方のうち、③の簡単PET植木鉢で、1週間もかからない単なるスプラウト栽培でさえも発芽の時は水分たっぷりでも、例えば、その後、水位を全体に低めに設定した栽培条件(微少量連続給水で乾燥側)と、高め(同じく微少量給水でも湿潤側)にしたものとでは、給水量、生育量に違いもでますが、結構味が違うと思いますよ(一応個人の感想としておきます)。←註 いわゆる学問的には水ストレスとか生長有効水分等結構いろいろな理論があり難しいことは断っておきます。

また、スーパー等で売っているものと較べても面白いです(好みもありますし、簡単に優劣と言っているわけではありません、でも、この比較でも、微妙に食感・味が違うと思います←これも個人の感想・見解)。また、いわゆる(水耕)工場栽培のもの(葉菜類が多いですが)と比較しても面白いかもしれません。


★メインメニュー・記事一覧等メニューへ(リンク)

★SIMRUS水やりテープ各種栽培特集、ガイダンス★

SIMERUS水やりテープ SIMERUS水やりテープ式なら簡単、方法いろいろ①~③


※以下のpoint:とは、現時点(ページ更新日時)で、問い合わせ検索の多い傾向の項目をピックアップしたものです。これは適宜変更します(注目点を替えます)。


point :①はネジキャップ付きのPETボトルやアルミ缶のリユース。

SIMERUS水やりテープをうまく使って、”土壌を軽く健康的に湿らせる”の基本形です。幅広く野菜や花に使えます。水のロスもでにくくなり結果長持ちです。

廃水アニメーション 普通の水やりだとこんな感じ

たっぷり水をやって(実際のところ洗い流して)みたいなことを言う説明が多いですが

危険マーク毒マーク 下に流れ出る廃水はあまり健康にはよくない

猫犬基本SIMERUSでは廃水少なくペットにも安心


①土を使った栽培なら何でも 小さなものから大きな鉢、プランター、土嚢(袋)栽培などの”隔離栽培”や、家庭菜園・露地栽培等には、スタンダードの使い方で

★水やりテープの組み入れや給水補給・セット法はとても簡単です

ネジキャップ付きのPETボトルやアルミ缶のリユース

エコであり、そして安心です。つまり、

★空のPETボトル利用;三角ノズル式と違って尖ったところがないので空になり軽くなって仮に飛んでもかなり安心です(飛ばないようにするのが基本ですが)。割れる心配もまずないのも安心です。

★超低速給水なので仮に熱水になっていたとしても冷めて植物に安心です。

★また、(緩めだとしても←説明書pdfなどを参照)キャップをつけているので倒れてもすぐに(熱)水が飛び出さないので人にもかなり安心です。

これらも見てくれが悪いという指摘がありますが、うまく飾るか隠せばよいと思いますが、、、

トマト  遮光ペットボトル SIMERUS水やりテープのアニメーション 必要分しか給水しない

袋栽培-SIMERUS水やりテープ 袋栽培トマトSIMERUS水やりテープ 土のう栽培 2L PET 2発で4L自動給水

アサガオ栽培SIMRUS水やりテープ アサガオ クローズアップSIMRUS水やりテープ 場所を選ばない

pdf説明書等もあります 製品一覧やカテゴリー記事 製品詳細へ


★メインメニュー・記事一覧等メニューへ(リンク)

PETボトル本数を増やす・大きな容量のものを使う等の工夫で、給水期間を長くする工夫ができます。

point :この後の説明の②と③では特に鉢底石は要りません。ただし、直接土壌の(底)一部を水に漬けて(腰水と言います)というのは、生理的にも最悪です。そこで、SIMERUS水やりテープをうまく使って、”土壌を軽く湿らせる”形にまとめ上げました。

ポインセチア連続給水SIMRUS水やりテープ カテゴリー別にまとめた各種記事を参照してください

註 いわゆるかなり特殊な土壌、例えば、ハイドロカルチャー用の発泡煉石(商品名で、ハイドロボールなど)の場合、一部水漬したほうがいい場合(例外)もあります・これを含め、カラーサンドなどの場合の栽培(水分供給)等は、令和元年の栽培ギャラリーなどをご覧下さい。


②普通の植木鉢やプランターを底面給水化(底面潅水化植木鉢・プランター等を簡単に実現)する方法もあります→カテゴリー記事 個人向け….へ

PETボトル、アルミ缶などを土壌面上に設置しない(使わない)のですっきりしています。

※これ自体は、PETボトルを使いませんが、各種記事にあるように連続給水性能を強化する場合は、ペットボトルタンクを給水タンクにする場合はありえます。

長期給水の方法 概要図 底面給水植木鉢 底面潅水カテゴリー 個人向け…記事参照

まあ、5~10Lタンクなどで旅行中などこういう使い方は考えられます。

底面給水植木鉢 レタス 明らかに専用品よりは安いでしょうし、デザインもいろいろ選べます

天面給水植木鉢 部材 底面給水プランター 部品と設置法厚さ0.2mm給水テープだからこそ簡単にできます

熱水の問題がないなども①と同じです。

各種特集記事掲載 写真は、百均鉢、プランター類 他部品


★メインメニュー・記事一覧等メニューへ(リンク)

②の参考 水面を設定する(逆に設定しないタイプもあります)底面潅水に対応した関連製品、楽々底面給水シートもあります。

楽々底面給水シート  楽々底面給水シート 栽培例

ペットボトルはダサい?

楽々底面給水式 アレンジ 楽々底面給水シート イルミネーション 結局 飾り方・アレンジは貴方次第です

※まあ、上の例がいいといっているわけではありません。あくまで電池式LED等ライトアップさえもできるというサンプルです。


③さらに、PETボトル容器を活用した植木鉢型では、葉物やハーブやスプラウトなど小さなものを中心に→大きさとしてはミニトマト等の抑制的栽培ぐらいまでにとても便利

★抑制的栽培 ここでは、その品種の範囲でということですが、あまり巨大化しない小ぶりに植物体をとどめるという意味で言っています。もちろん、ミニトマトやミニキュウリの実はなります(2019栽培ギャラリーにも各種ありますが、さらには作った野菜は食べる予定でもあります)

つまり、それ以上の大きさの植物品種だったら(あるいは巨大化したいのなら)、PETボトル植木鉢より、上の各種方法を使って、基本、通常の植木鉢やプランター利用、土嚢袋栽培、畑等で考えたほうがよいです。植え替えも含めてです。これは、小さな土壌容器容量だと植物が大きくなればなるほど管理のテクニックが難しくなっていくためです。

<水やりテープ利用のPETボトル植木鉢加工はとことん簡単化>
これら植木鉢式についても見てくれが悪いという指摘がありますが、うまく飾るか隠せばよいと思いますが、、、それと同時に野菜栽培類向けであまり関係ないのでは、、

給水ペットボトルの遮光 各種栽培 給水タンクの遮光2  PET植木鉢の基本形 元気に育ったスプラウト(SIMERUS PETボトル植木鉢式) ペットボトルの長さを増強・ストレッチ型

これも、熱水問題などは考え難く、さらに、レンズ効果の防止も考えての遮光も簡単です。

スプラウトなどは特に簡単栽培です。

★各種特集記事多数掲載されています

★メインメニュー・記事一覧等メニューへ(リンク)

②③では給水用タンク(写真)を用いた長期化ができます。これらについては関連記事メニュー カテゴリー個人向け…など参考にしてください。

給水タンク用ペットボトル 給水用PETボトル設置例

給水用のPETボトルの遮光のやりかた

給水タンクの遮光自体も簡単です(例は、古靴下)。


<特製の薄型親水性不織布を使用した植物用給水テープだからこそ>
①②③とも、作りやすく、極限的に簡易+自動調節給水性能

仮に③の方法でペットボトル底部分を水受け皿にすると、段々と水位が変化し、通常だったら給水性能が落ちてしまいますが、本方法では、土壌の乾湿の度合いによってかなりの部分が打ち消しあい問題はありません(キャップ底から0~-3~-4cm程度まで、水位が低くなるとやや少なめにはなります→これは、給水量の全般的調節に使います、つまり、給水が多く必要→キャップ底から0cm程度の水位高めセット、少ないもの→-2cm程度の低め設定)。

なお、関連記事(カテゴリー 個人向け…)にあるような水位一定、長期連続給水のセッティングにするとこの問題は全くなくなります。この場合も、給水が多く必要なもの→キャップ底から0cm程度の水位高め連続一定セット、少ないもの→-2~-3cm程度の低め連続一定設定で自動的に給水量が調整されます。

①②も基本自動給水です。②の底面給水鉢の場合③と同じように水位一定の管理ができます。

つまり①②③とは、SIMERUS水やりテープを使った 植物にも健康的に ベランダでも窓際でも、簡単製作で、軽く土壌を湿らせるのが特徴の③ペットボトル土耕植木鉢・菜園、②底面給水(底面潅水)植木鉢やプランター、①露地栽培にも適用できるレギュラーの使い方ということ。 バリエーションは豊富です。


<底面潅水式なのに過湿にならない工夫がされています>

※他の方法との比較については記事メニューカテゴリー FAQと解説全般 水やりのコツとは言いますが(特に家庭では? 2019改訂版)ドリップ・点滴灌漑、SIMERUS自動給水の意味 等も参考になります。

シャキシャキ野菜などの健康的な栽培が容易です。そしてそれは水が長持ちすることも意味しています。また、長期連続給水管理にも対応可能(給水タンクの追加)

※水受け皿+給水サブタンクで給水能力の増大も可能&水位が一定になり給水自動調節能力が安定 加工も簡単記事メニュー カテゴリー 個人向け・底面潅水プランタ-化…..等 を参照


★メインメニュー・記事一覧等メニューへ(リンク)

<③は視点を変えると>

ペットボトル他のほんの少しの資源でできます-QOL(生活の質)の向上-

そうならなければいいのは当然だとしても、もしも、停電や断水等のインフラ被災時でさえも、誰にでもどこでも、新鮮な野菜が簡単に育てられ食べれることは、防災・被災からその復旧にいたるまで非常に心強く支えてくれるものではないでしょうか。つまり、”実際にいる場所で手間少なく簡単にできる”を活用すればとてもいい ということです。

いつでもどこでもすぐできるというのは?あらかじめ考えておいてできること;ややこしい言い方ですがこれらは分散配備や冗長性への配慮、そして全体の安全確保ということに関係しています。

普段の教育効果も期待できるかもしれません(自活する!)。

ぺとボトル植木鉢 土耕式で元気に育ったスプラウト たったこれだけですぐ育つ

※お勧め!スプラウト系統:季節を問わず始められるがやっぱりいいですよ。(個人の?)実感としてそう思っています。特に手間もかからないし、無農薬簡単だし、苗がなくなった季節からでも簡単にできますし。場所は窓際などでもOKです。”元”も取れやすそうでもあります。葉物と同じで捨てるところが少ない。

”えーとどうやれば”というのはまず無い;①のSIMERUS水やりテープのレギュラーの使い方でもそうですが、この方法での栽培のやり方を憶えておくというのもとても簡単です←災害時インターネット回線等が優先順位もあるだろうし、不自由なく使える状況かどうかもわからないですので、いろんな栽培方法を調べる・準備するというのもできるかどうかわからないです。まあ、これなら一度使っておけば大丈夫でしょう。

特に準備しておくとすれば、種とSIMERUS水やりテープでしょう。後のものは、緊急時でも手に入れることはそんなに難しくないように思われます。もちろん、スプラウト以外も栽培できます(例えば、パセリや葉物などがお手軽)。

なお、生長度や給水量や天気などをセットで観測して、”夏休みの宿題”というのにも便利そう(使える!)です。→アサガオなどでもよいとは思うが、スプラウトは急いでいるとき!特に助かるかもですね。

<雨降りは?栽培できる品種は?>

幅広い植生・植栽に対応できますが、雨降りは? ここで示している方法は、一般的な範囲での土壌水分をコントロールした(軽く土壌を湿らせる)土耕栽培であり水耕栽培(養液栽培)ではありません。雨がかかる条件か からない条件(雨除け栽培と言います)かは、基本問題になりません。

一般的な野菜や花などの栽培を対象として考えています。

”雨除け栽培”のメリットなどについては、記事カテゴリー ペットボトル土耕・植え直し…にあります。

また、ハスなども典型例ですが、あまり特殊な植栽・植生の栽培条件の場合は別の方法をご検討ください。逆に、近年よく見かけつつあるような、”野草”の栽培はSIMERUSシリーズでは10年弱ずっとやっています。もちろん水やりテープでも十分対応可能と思います。

山野草の底面給水植木鉢 野草(山草)鉢(その後大きくなってきています2019)

農業用大型プランターによる野草類による緑化 野草栽培(屋上緑化など)用の大型プランターの例


<①②③とも利用する土壌の条件は、かなり広範囲です。水も長持ち>
土壌は通常の培養土が好適です、粘土、砂・礫類では十分な性能が出ない場合があります。一般に保水性がよい土壌である程度の空隙、透水性があるものが好適です。

※礫(あるいは石ころ、内部が密なもの)だけでは、一般にうまく水が伝達しません。なお、赤玉土のような土壌が固まって粒状(この場合内部に微小空隙がある)になったものなどはその限りではありません。

なお、市販のハイドロカルチャー用の発泡煉石やカラーサンドについては、少し実験をしています(記事カテゴリー 2019年令和 栽培ギャラリー等)。

ハイドロカルチャー&カラーサンドによる栽培例

多少の工夫が必要ですがあまり水が要らない植物だと育つみたいです。

旅行時などでも乾湿に合わせた自動調節式で給水 され必要な分水分が補給されます。もちろん、普段使いにも。いずれにせよ無駄な水が発生しにくく他の方法より水が長持ちです。

ペットボトル水耕栽培(養液栽培)ではありません-ベランダ、窓際、屋上栽培など向け もちろん家庭菜園や庭等に並べても使える土耕栽培です。


※ペットボトル:正式には、”PETボトル”だそうですが、ここでは通称として使っています。


<弊社の不織布利用の給水方法とは -他の水やりと較べると- >

以下の記事のように、基本的に水位を一定にすると乾湿に合わせた、毛細管効果利用の、自動給水量調節機能もより安定で精密になります。

つまり、SIMERUS水やりテープをセットしたペットボトルの給水は、いわゆる 三角ノズル・穴あきノズル(ドリップ・点滴式)とは、全く異なる方法です。超低速給水なので、仮に熱水になっていたとしても途中で他の方法と違い冷めて問題になりません。

ドリップ式水やりのキャップを付けたペットボトルなどについては、カテゴリー FAQと解説全般の記事 水やりのコツとは言いますが(特に家庭では? 2019改訂版)ドリップ・点滴灌漑、自動給水を参考にして下さい。なぜ、うまくいかないことがよくあるのかなどを詳しく説明しています。

穴あけノズル式の欠点など ドリップ灌漑 解説一例(よく聞かれるもの)Click!


★メインメニュー・記事一覧等メニューへ(リンク)

<植え替え法なども含め大きくなっても対応簡単>

他であまり書かれているのを見ない 長期間栽培で問題となる根の集中対策も

根群が給水源(下)に集中 植え直し直後 簡単植え替え 植え直し

鉢底石不要(※使用不可)で土が混じらない、その分土壌の容量も増えます。そして給水テープの効果で過湿にもなりません。鉢底石と土壌が混じらないので後も楽です。

つまり、過湿を防ぐ、(遮光も合わせて)土壌や給水がコケや藻で緑色になりにくい、カビ類も生えにくい→健全な生長や安全性にもつながります。

植え替え植え直し、PETボトル植木鉢→PETボトル植木鉢へ、柔軟対応


<つまりPET植木鉢でも底面潅水(給水)プランターでも、スタンダードのSIMERUS水やりテープでも簡単対応>

普通の植木鉢・プランターへ、改良型底面潅水式(もちろん過湿にならない新型)に改造して記事メニュー カテゴリー ペットボトル土耕栽培-強化… 個人向け… 参照

SIMERUS水やりテープ+PETキャップの組み合わせは、簡単で外しやすく植え替え時などにも有利、そして底水式のような過湿にもならない。それらの乾湿のバランス(軽く湿らせる)をうまく保つための土と水やりテープとの接触(重要)も確保しやすい。

親水性のひも類や底敷石(鉢底石)をつかわないので簡単にできます。なお、それらがある場合、引っ掛かったり、混ざったりであまりうまく作業できない可能性が高いですが本方法ではそのリスクはありません。


<あらためてまとめると>

★底面潅水式なのに加湿にならない工夫がされています。

★材料の準備も楽:鉢底石は不要

★後片付け(含む土のリサイクル)も石と土壌が混ざらないので楽

★土壌は通常の培養土が好適です、粘土、砂・礫類では十分な性能が出ない場合があります。

※礫(石ころ、内部が密なもの)だけでは、一般にうまく水が伝達しません。なお、赤玉土のような土壌が固まって粒状(この場合内部に微小空隙がある)になったものなどはその限りではありません。

★あまり特殊な植生(サボテン等)、アクアリウムやハスなどには向いていない場合があります。

★SIMERUS水やりテープを使ったペットボトル植木鉢作成は、基本、ペットボトルを2つに切り分けるだけ。余計な穴あけ作業は全く要りません。

★また、鉢底の石も不要で、それでいて過湿にもなりません。楽々も重要です。

★センサーもいらない←給水テープ自体がセンサー


★ペットボトル土耕植木鉢・菜園の特集記事紹介はここまで

詳細は、”記事一覧menu”からご覧ください。


※このホームページのこの後一番下(もう少し下)にも記事一覧メニューが表示されています。または、

★メインメニュー・記事一覧等メニューへ(リンク)

をご使用ください


 最新更新日 2019/10/28


JAXA画像ISS 未来は航空宇宙にも対応かも?カテゴリー お知らせ記事


最新の技術と柔軟な発想 確かな明日の緑を提案します

いわゆる、”水やり”については、”実例を参考に(いわゆるハイテクな方法について)野菜類など向け最新鋭版的に例を示せば、ハウスや植物工場等で雨よけ土耕(培地)栽培式で、微気象観測データ類主体で栽培管理に関してAIラーニングさせる、このとき水やりは1日50回繰り返しぐらいの肥料入り多数回少量ドリップ(濃度は調整可、排水循環再利用有?)等では、ずいぶん高性能そうですが効果・精度ともに今後要求されるであろうアップグレードされた性能は残念ですが多分出ないと推測します。

なお、弊社はAIもIoTも肯定的にとらえており実際にその尻尾?を自ら実践しているという立場です。将来性はあると思いますが、効率的に活かす工夫は要るというのは思います。 ※この高価そうな条件でも生育に関する学習結果がぶれやすくAIのご利益が感じられるほどの精度や効率が出にくいであろう(←今までの温度等機械制御と結果が変わらない?)ということです、むろん、AIに関係なくIoTリモートの管理などはすごく便利ですが、このような”実効的な精度”の問題は同じく残ります、これらの点、モデル論的なものも含め解釈が難しいのはお断り申し上げておきます。 なお、生産物のスキャンなどや、露地栽培(の水管理)等でもいろいろ異なる事情があります。

結局、ベースはSIMERUSのように簡単・高性能でなければ現実的ではないかもしれませんし、いわゆる補助金も、いつまで・どれくらい、続くかもわからないと思います。

なお、環境性能や品質管理もほぼ確実に高度なものが要るようになるでしょう(FAQ有)。

つまり、いろいろと要求されるものが高次元になっていっても”されど水やり⇒非常に重要”というのは変わらないでしょう。 そのような状況のもと、弊社は、高性能で容易、省エネ、ゼロエミッション廉価な土壌ベース緑化インフラの確立を目指しています。


Ryokusuigakusha- SIMERUS Soil Integrated Moisture Environment for Rural and Urban Sustainability

植物にとって、地方でも都会でも最高の土・水の持続的環境

簡単に見えても実現は難しい 高度+単純化、節水化した不織布給水システム

同時に水の広がりの両立も十分考えているので土壌自体の肥料分も有効活用できます。

 

事業向けでも、個人向けでも

PETボトル利用の超小型から、大規模な農業や緑化まで

底面潅水-クローズアップ PETSIMERUS水やりテープ アニメ


屋上やベランダ等の緑化(自動給水と雨水回生、極限的省エネと節水)

屋上緑化キュウリ 屋上緑化キュウリ緑のカーテン 食べられる物は人気があります

SIMERUS ボックス式 花壇 大型プランターによる野草などによる緑化モジュール 緑化用モジュール

SIMERUS底面潅水トマト① SIMERUS底面潅水メロン 植物工場にも温室にも精密栽培の土耕

SIMERUS植物工場レタス

肥料成分などのロストゼロで低カリウムや低窒素栽培の精密栽培ー

信じられないほど簡単に土壌水肥料分の高度の精密管理 そしてゼロエミッション

水質センサ類 簡易低コスト底面給水 水質チェック法

もちろん、野菜自体の成分も精密管理化

  トマト収穫  SIMERUS植木鉢レタス生育状況 高さ

 

IoT(モノのインターネット)

ARM AVRマイコンなどを用いた管理省力化も

linuxシステム&IoT webカメラ利用

ベランダでも室内でもとても便利

SIMRUS水やりテープ応用で緑化


株式会社緑水学舎は土と水のやさしい環境を専門とする緑を創出する会社です。

SIMERUSイメージ-エトセトラ 従来型の(閉鎖型)植物工場等は本当に経済的にペイできるのでしょうか。 しかしながら、外国産の技術(ユーロのものをよく聞きますね)ですべてうまくいくものでしょうか。 なお、世界的にも話題ですが、植物栽培由来の土壌汚染や廃液問題などは解消したのでしょうか。そして、家庭園芸は安全で効率的であるでしょうか。どうでしょうか? 水田栽培でもなければ、(野菜などでは)灌漑法が最適ではないとビックデータ解析自体有効・精度確保できるでしょうか?SIMERUSはそれらの解決も目指しています。

購買サイト(詳細な説明や利用例等へ) 弊社購買サイト(全製品)

大規模生産・緑化向け装置に関してもお問い合わせください。

Copyright(C) (株)緑水学舎All right reserved


★メインメニュー・記事一覧等メニューへ(リンク)