↓SIMERUS水やりテープを使った簡単制作のペットボトル土耕植木鉢(菜園)などの特集記事はスクロールした下のほうにあります↓

ペットボトル植木鉢

ベランダ、窓際、家庭菜園向け 春から夏もペットボトル栽培等など

なお、大抵の画像はクリック・タップで拡大表示できます。


緑水学舎 Ryokusuigakusha / 緑化、栽培、家庭向潅水・水やり~大規模灌漑

 最新の技術と柔軟な発想 確かな明日の緑を提案します

いわゆる、”水やり”については、”実例を参考に(いわゆるハイテクな方法について)野菜類など向け最新鋭版的に例を示せば、ハウスや植物工場等で雨よけ土耕(培地)栽培式で、微気象観測データ類主体で栽培管理に関してAIラーニングさせる、このとき水やりは1日50回繰り返しぐらいの肥料入り多数回少量ドリップ(濃度は調整可、排水循環再利用有?)等では、ずいぶん高性能そうですが効果・精度ともに今後要求されるであろうアップグレードされた性能は残念ですが多分出ないと推測します。

なお、弊社はAIもIoTも肯定的にとらえており実際にその尻尾?を自ら実践しているという立場です。将来性はあると思いますが、効率的に活かす工夫は要るというのは思います。 ※この高価そうな条件でも生育に関する学習結果がぶれやすくAIのご利益が感じられるほどの精度や効率が出にくいであろう(←今までの温度等機械制御と結果が変わらない?)ということです、むろん、AIに関係なくIoTリモートの管理などはすごく便利ですが、このような”実効的な精度”の問題は同じく残ります、これらの点、モデル論的なものも含め解釈が難しいのはお断り申し上げておきます。 なお、生産物のスキャンなどや、露地栽培(の水管理)等でもいろいろ異なる事情があります。

結局、ベースはSIMERUSのように簡単・高性能でなければ現実的ではないかもしれませんし、いわゆる補助金も、いつまで・どれくらい、続くかもわからないと思います。

なお、環境性能や品質管理もほぼ確実に高度なものが要るようになるでしょう(FAQ有)。

つまり、いろいろと要求されるものが高次元になっていっても”されど水やり⇒非常に重要”というのは変わらないでしょう。 そのような状況のもと、弊社は、高性能で容易、省エネ、ゼロエミッション廉価な土壌ベース緑化インフラの確立を目指しています。


最新更新日 2019/3/24


お知らせ  ”部屋で野菜を育てよう ペットボトルのミニ菜園”(NHK 朝イチ 2019/1/25)の放送から思ったこと

https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/190125/4.html

この放送では、ペットボトルと親水性のある紐利用で自動給水機能を持たせ、土耕の鉢(土を使った苗によるミニ菜園)にできる方法を紹介しています。これ自体は、以前からWeb等でもほとんど同じものが紹介されていたとは思います。 とはいえ、弊社としても、”やっぱりこういった需要はあるんだなあ-ウチも去年から以下の記事載せといてよかった…”と思っています。

-もう一工夫ほしい?、基本楽でなければ続かない?- 確かに、NHK朝イチさん紹介の方法でも、秀逸で十分結構なことだとは思いますが、少なくとも親水性のある紐を通す穴をあけるとかの手間、根腐れ防止用の材料がいるとかは後での廃棄も含めもう少し工夫ができ、以下にあるようにもっと楽に実現できるとも考えます(弊社の極薄水やりテープを活用します)。

※勿論、ペットボトル利用の鉢土壌へ毛細管効果で水分上昇・補給させるというアイデア自体は弊社の提案でも基本は同じです。 まあ、NHKさんも特定の商品(弊社の製品とか)の宣伝をするわけにも当然いかないので上のような汎用形で取り上げているのだとは思います。 つまり、以下は、極薄の弊社製SIMERUS水やりテープをキャップの隙間にセットし給水する、ペットボトルの穴あけ不要、根腐れ防止材不要<充てんするのは培土だけ>でより簡単にミニ菜園ができる方法の紹介となります。また、”かるくしめらせる”ことも意識した健康的な管理が出来るように考えています。

※このNHKの番組は、多分、実際大変で世界的にも深刻さを増している莫大な量のペットボトルごみ処理の問題にも対応したもので、効果的なPET容器の有効再利用を目指したものと思います。そういえば海生生物が飲み込んだりして問題になるなど近年この種類の報道が多いですね。


特集記事の紹介-個人様向け-

ベランダでも窓際でもできる

ペットボトル植木鉢・菜園

花壇

記事一覧menu内にもペットボトル植木鉢各種関連記事あります、肥料・農薬に関する記事もあります(FAQ)、また、植木鉢類の底面潅水化記事もあります。

+簡単に安く長期間連続給水できる方法も

SIMERUS水やりテープなど弊社の不織布利用の給水方法では、以下の記事のように、基本的に水位を一定にすると乾湿に合わせた、毛細管効果利用の、自動給水量調節機能もより安定で精密になります。

+(あまり書かれているのを見ない)長期間栽培で問題となる根の集中対策も

SIMERUS水やりテープ+PETキャップの組み合わせは、簡単で外しやすく植え替え時などにも有利、そして底水式のような過湿にもならない。それらの乾湿のバランス(軽く湿らせる)をうまく保つための土と水やりテープとの接触(重要)も確保しやすい。

親水性のひも類や底敷石をつかわないので簡単にできます。なお、それらがある場合、引っ掛かったり、混ざったりであまりうまく作業できない可能性が高いですが本方法ではそのリスクはありません。


高い?ならば作ってしまおう(ペットボトル植木鉢のミニ菜園)
現実的に、水管理もとても楽で高度に

<SIMERUS水やりテープを使ったペットボトル植木鉢作成は、基本、ペットボトルを2つに切り分けるだけ。余計な穴あけ作業は全く要りません。過湿にもなりません>楽々も重要です


<記事メニューからの各記事閲覧の仕方>

★先ず、記事一覧のカテゴリーを選択します。

メニュー画面記事メニュー

基礎、強化拡張、詳細に分けて掲載しています。また、同じように、SIMERUS水やりテープを使って普通の植木鉢やプランタなどを底面潅水化(自動給水で過湿にはならない)する方法もあります。


★使用機種による表示の違い 機種などにもよるみたいですが、記事一覧メニューとは、ホーム(..会社案内..事業内容….)とかに切り替える、上のほうにある”メニュー”ではなく、”記事一覧menu(カテゴリー選択)のことです

これはパソコン・タブレットなどではおそらく画面右側でしょうが、スマホなどではページの一番下といった風に違う位置に出てくることがありますのでご注意ください。


★記事の日付(例2019/2/16)は記事内容メインテナンス時期と記事順番読みやすさの都合でつけています。これは、記事掲載に”WordPress”の投稿機能を利用しており、それに対応した操作をしているためです。つまり、検索エンジンによっては、異なる作成や公開年月日が出てもそれは問題ありません。その点お気になされる方もご安心ください。


★このページ内 以下↓は、始めに読む方への概要説明になります


ペットボトル植木鉢ばかりでなく鉢やプランターも同じように底面潅水式やタンク付き連続的自動給水にできます個人様向け&底面潅水…の記事)。

プランタ底面潅水アレンジ   底面潅水水量増強

なお、ペットボトル土耕植木鉢、底面潅水化プランタ・植木鉢とも、旅行時など向けへ長期間給水化に対応できます(ペットボトル…強化拡張の記事)。


基本 土と水,ペットボトルとSIMERUS水やりテープのみ 鉢底石はいりません(それでいて過湿対策もできていますので安心)。

底面潅水トマト PETスプラウト PETスプラウトボックス PET花壇秋 PETイチゴ

底面潅水大根 

↑click 

カイワレ大根やレンズマメ、ブロッコリなどのスプラウトから、イチゴ類などのある程度大きくなる野菜類全般まで、また、トマトやキュウリなどは特にそうですが、大きくなったら他に植え替える手段も用意されています。

★考え方を変えると、種からの育苗(苗ポッド代わりに使う)にも最適です★

実生トマト育苗


500mLぐらいの”土耕ペットボトル”でスプラウトを育てるのが最高!(以下に記事有り)といった風に個人的(弊社技術陣的)には思います。上記のテレビ放送も苗の販売などがある程度充実してきてからの利用を想定しているのだとは思いますが、寒いときあまり苗売っていないのでスプラウト便利だと思いますよ。実際しょっちゅう食べています。まだ寒い場合、ペットボトルをかぶせてマイクロ温室園芸というのも有りです。窓際だけでなく、冬場のベランダでも育ちますよ(※大阪府内の気候で)。

 

窓際栽培 PET室内栽培 PET防寒保温

PET構造 PET花壇 プランタ大根 プランタ花壇アレンジ


面倒くさい? 鉢を作るのを含めて?水やりも?

土?と思うほど手間もかかりません 鉢底石も鉢穴用のネットも不要 安価 ※この方法では鉢底石は要りません:ハイドロカルチャー用の媒体も使いません むしろ水の伝達に不都合です。なお、ペットボトル鉢を作るのは、基本ペットボトルを半分に切るだけです。特別な、穴あけ加工は全く必要ないだけでなく、給水テープをキャップ隙間から引き込み、過湿にならない自動給水管理ができます。

ットボトルを半分に切るだけの方法も紹介されますが、結構過湿になりやすいとか、水やりがやっぱり手間だとかとは違います。


このペットボトルを利用した方法は土壌を軽く”しめらせる”が原則です。

例えば、ペットボトル栽培でも畑等でも、土を使っている場合、過湿土壌よりは空気も多く適度軽く湿った土壌のほうが、土壌空気も多く嫌気的還元的環境でもなく一般に健康的ですし、汚水も出にくく周辺の環境を汚すことも少なくなります。

※好気性や嫌気性菌などの活動も複雑で、また、還元的状況への対応などでも例えば水稲(過湿でもOK)では事情が違います。

この弊社の紹介するペットボトル鉢式栽培・菜園や底面潅水方法はあくまで”土栽培・土耕です”:鉢底石などがなくても過湿になりません-

※センサーもいらない←給水テープ自体がセンサー


本当に、水やり適当で健全に育つものでしょうか?

それらしくみえるけど、ただ枯れないで何とか育つだけかも? 給水テープで軽く湿らせる適正給水 そこが味にも直結すると思います

PETスプラウト土の再利用も簡単なスプラウト土耕栽培など

土で育つスプラウトおいしいと思います(個人の意見です)


植え替えも簡単に可能で安心なペットボトル菜園

PETセロリ1 PETセロリ2工夫次第でいろんな野菜の栽培(PET1.5Lでも)

例は、セルリ(セロリ)12月初旬現在、高さ29cm幅50cm以上 なお、栽培してみればよく分かりますが、雨避けの条件だったら特に、大きな野菜は冬でも結構水を吸うので給水が結構多く必要です。なお、一般論となりますが、おいしくするには過湿にしない(と同時に生育を妨げない程度は軽く湿らせる)水管理を心がけます(←植物の生理的に水も減りにくくなるのでむしろ手間は少なくなるご利益あり!)。なお、そこ(水管理)をあまりシビアに考えなくても下記で紹介する方法などで簡単に実現できると思います。


このようなアレンジもいろいろです。

PETアレンジもの PETアレンジもの2  PETアレンジもの3 PETアレンジもの4


給水がコケ類で緑になるのを防ぐためにも下部にカバーを被せることをお勧めしますが、例えば、使っていない鉢やプランタ、箱などを(覆いがわりとして)使って、簡単に飾り付けもできます。また、そうすると水位も簡単に確認でき、再注水も簡単です。倒れ防止にもなります。 つまり、底面潅水専用の鉢やプランタなどに比べ色々なカラーや形も選べ、実質的コストもかなり財布にも優しくなるといえるでしょう。100均の鉢などでも十二分に活用できます。


生育状況、肥料の説明書なども参考に適切に(心持ち少なめに)施肥するのが原則です。弊社の製品適用では普通の利用で全般に水損失がほとんどないので肥料も農薬も無駄なく効く傾向なのでなおさらです。弊社の栽培例では、特にスプラウトなどは培地の栄養分だけで育てています。 つまり、ここでは、過剰施肥が栽培時意図的に必要になるような特殊な植物については対応していません。肥料流亡なども考慮すれば、そのようなものは、現代的には、外部環境負荷の問題にも十分な注意が必要です。


このHPで示した例は、ほぼ例外なく雨除け栽培条件下のものです。これの説明は、記事一覧 土のリサイクル利用….雨除けのススメ にあります。


スプラウトは有機栽培で薬剤消毒などをしていない専用の種を使っています。なお、スプラウトも土耕でやや味が違うかもしれません(個人の感想です)。


倒れて水がこぼれても困らない場所に設置して下さい(特に室内、お子様やペットなどにも配慮を):仮に、(冬季用の)温度維持用の覆いをつけていなくてもいずれにせよ、本方法は、倒れると水がこぼれる構造になっています。そのため箱などに入れて固定する。幼児の手の届かない場所に設置する、ペットが近づけないようにするなどの配慮をお願いします(幼児でもペットでも内部の水を飲んでしまうなどは危険ですので避けてください)。


要らないように思われるかもしれませんが、

冬でも水やりが要るものは多いですし実際育ちが違いますよ。土耕式なので土のキャラクターが活かせます。また、土?と思うほど手間もかからないですし「(ご当地の、地場・地産の)土で栽培したブランド野菜の栽培」等もやりやすいです。

PET花壇秋野菜 PETエアコン上 PETベランダ花や観葉

実際ペットボトル活用は意外に便利

 PETアレンジ PET野菜栽培 PETイチゴ

イチゴの苗増殖にも便利   また、今回のペットボトル自動給水器は繰り返し使えます。


特集記事の紹介はここまで

詳細は、”記事一覧”からご覧ください。

PET観葉


 


Ryokusuigakusha- SIMERUS/  Soil Integrated Moisture Environment for Rural and Urban Sustainability

植物にとって、地方でも都会でも最高の土・水の持続的環境

簡単に見えても実現は難しい 高度+単純化、節水化した不織布給水システム

同時に水の広がりの両立も十分考えているので土壌自体の肥料分も有効活用できます。

 

事業向けでも、個人向けでも

PETボトル利用の超小型から、大規模な農業や緑化まで

底面潅水冬花

PETSIMERUS水やりテープ動画


屋上やベランダの緑化(自動給水と雨水回生、極限的省エネと節水)

屋上緑化キュウリ 屋上緑化キュウリ緑のカーテン

植物工場にも温室にも精密栽培の土耕(養液土耕のイメージ)

SIMERUS底面潅水トマト SIMERUS植物工場レタス

肥料成分などのロストゼロで低カリウムや低窒素栽培の精密栽培ー

信じられないほど簡単に土壌水肥料分の高度の精密管理 そしてゼロエミッション

水質センサ 簡易低コスト底面給水

もちろん、野菜自体の成分も精密管理化

  トマト収穫SIMERUS植木鉢レタス生育状況

IoT(モノのインターネット)

ARM AVRマイコンなどを用いた管理省力化も

linuxシステム webカメラ

ベランダでも室内でもとても便利

梅鉢1底面潅水 梅鉢2底面潅水


株式会社緑水学舎は土と水のやさしい環境を専門とする緑を創出する会社です

SIMERUSイメージ-エトセトラ 従来型の(閉鎖型)植物工場等は本当に経済的にペイできるのでしょうか。 しかしながら、外国産の技術(ユーロのものをよく聞きますね)ですべてうまくいくものでしょうか。 なお、世界的にも話題ですが、植物栽培由来の土壌汚染や廃液問題などは解消したのでしょうか。そして、家庭園芸は安全で効率的であるでしょうか。どうでしょうか? 水田栽培でもなければ、(野菜などでは)灌漑法が最適ではないとビックデータ解析自体有効・精度確保できるでしょうか?SIMERUSはそれらの解決も目指しています。

購買サイト(詳細な説明や利用例等へ) 弊社購買サイト(全製品)

Copyright(C) (株)緑水学舎All right reserved