古代から乾燥(砂漠)地帯などで、毛細管水移動現象をかなり意図的に利用した灌漑というのはあります(代表的なのがスガメを土に埋めて水を貯めて周囲に広げるものです(今でも一部あるらしい))。概念が似た方法が現在もありますがいずれにせよ乾燥地向けで、土壌の適用範囲などの制約も厳しめといえます。

それ以外では、毛細管水利用の給水器具というのは、こちらで把握している最古の汎用のもので20世紀初頭アメリカ合衆国大学教授の論文があります。しかし、その後その方法が広く普及したとはとても言えません。つまりうまくいかない要因が多々あるということであり、その解消は現代でも簡単にはいきません。つまり、実際にはなんとなく動いている?という感じのものが多いだろうとも思います(いろんな意味で安定性・確実性があまりない)。

逆に、それだからこそ改善は考えうると思います。

以下の例では、水やり作業含めほとんど管理手間なし、過湿にならず植物の病気もあまり無し(特別の薬剤使用無)、殺虫用の農薬も、植え付けの時に、一般的な土壌混入型のものを規定量程度(それ以下)やっただけです。

農薬等の説明書から量(少な目)、期間も十分おいている(分解する)し問題はないと思います。

ちろん、SIMERUSでは外部への農薬成分流出なども基本的にありません。

※細い事ですが、上の写真のPETボトルはある程度日陰になり遮光されています。

PETスプラウトの自動給水土耕栽培はもちろん無農薬です。

お手軽に毎日とれたて

高性能PET自動給水植木鉢 もちろん 他の製品も


SIMERUS水やりテープ

基本SDGsなペットボトル自動調節給水器であり

SIMRUS水やりテープアニメーション 

ペットボトル自動給水鉢を含め底面自動給水植木鉢にもなります。また、垂直緑化にも簡単に応用できます。


New 個人向け 過湿にしない!手間をかけない自動給水調節!

menu記事一覧から 2021各種栽培法 記事①~⑥

★ココから 2021各種栽培法暫定ダイレクトリンク★
※なお、以下の方が全体像が分かりやすいです。
★記事一覧メニュー<概要>リンク★

2021各種栽培法は、以下に関連した各種の便利な応用例です。

2021栽培例も掲載していく予定です。

※過去の栽培例などは記事一覧メニューから


リサイクル、リユース、リデュースに加え
アップサイクル(Upcycling)も!
ゼロウェイストにも近くなります

SDGsの取り組み事例としても紹介されています(大阪市環境局)★

UNEP-大阪市での取り組みに応募・紹介(採用)されましたpdf)。

なお、弊社のSIMERUS水やりテープ自体もペットボトルを一部原料にしています。


上のメニューバーから見える記事一覧menuを読みやすく紹介するため、Facebook、ブログの記事のほうで簡単な使い方紹介などを増やしていく予定にしています。

過去の栽培例もたくさんあります。


SIMERUS水やりテープ 3大活用

見栄えということについては、①と②(①のほうは考え方にもよります)のほうがレギュラーの③よりいいかもしれません。

①②ペットボトルが実質見えない管理もできます

①PET植木鉢タイプ

 

↑比較的小型の植物に 

↑②と同じに(PET給水タンク式)給水期間、鉢数は増加できます。

↑記事クイックLink

↑土壌を入れたペットボトル鉢の下側キャップ 内側隙間は狭く

土壌は隙間から水受けには漏れ落ちません

また、経験的に、根が外にはみ出してくるというのもありません。


②簡単にできる底面給水機能付き(改造)植木鉢

ある程度大きくなるものまで対応できます。

   

↑水をよく消費するキュウリなども十分大きくなっています。また、PET給水タンク増設などで簡単に給水量が増強できるのも分かります。

↑記事クイック Link

これも土が漏れ出さないようにする&根が外に出にくくする工夫は簡単です。


③本来の使い方(いろんな栽培に、万能的!)

当たり前ですが、留守の時などに限定的に使うというのもできます
小さなものから大きなものまで

SIMRUS水やりテープアニメーション

↑水はPETタンクから漏れません(これは鳥の水やり器などと同じ原理、マリオットの原理)、※この方法では、PETボトルの容量や本数で元々給水総量は調節できます。

以下のリンクで説明書pdfをダウンロードできます。

SIMRUS水やりテープ説明書←pdf Link

SIMERUS-tape15(pdf説明書) link

 


↑製品一覧・購入Link


注意事項(ご了承お願いします)

①~③のいずれの使用法においても、SIMERUS水やりテープを途中で切断などをして使用した場合、それは明らかに正常な製品使用法とは言えず、機能も保証できません。この点あらかじめお断り申し上げます。つまり、上記①②の使用法は、③の説明書にあるような本来の使用法に準じたものに限らせていただきます。

弊社SIMERUS水やりテープなど各製品は、弊社購入インタネットサイト、Amazon(SIMERUS水やりテープ2パック売りのみ)、もしくは、ファックス等での弊社直接のご注文の販売(直販のみ)となっております。


←ホームトップへLink Jump


お願い

本サイトには、かなり多数の解説ページ等がありますが、それら切り替えには

上のメニューバーの検索(ただし難しい検索の機能はないです)

←本ページTop へ

↑検索は各ページ上メニューバーにあります

あるいはブラウザの戻るボタンなども使っていただくのもいいとして、まずは記事一覧メニューをお勧めします

↑記事一覧Link


他の給水方法との比較-FAQなどにも詳しく載っています。

穴あけノズル式の欠点など ドリップ灌漑

各種特集記事多数掲載されています


ご連絡:プロ様向けのワグナーポッド(改)などの情報については適宜お問い合わせください。

これも適宜アップする予定にはなっております(2020年度)。 ただし、例の世界的な感染症で、発表予定の国際学会開催等が遅れるなどもあり、いろいろと遅れ遅れになるかもしれません、ご容赦ください。なお、皆様方もくれぐれもご自愛ください。

国際宇宙ステーション/JAXA

月面や火星面での水やり、さらに、このような場所(マイクログラビティ)での使用も想定しています。他の大抵の水やりのようには水滴がはじけ飛ばないとか、高度の節水性などに優れています!


※このHPは見やすくするためかなり頻繁に工事しています。ご容赦ください。

HP改良について、全てに対する準備は実質無理ですが、最近かなり需要・要望の多いスマホ&パッド類への対応は進めております。ただし当方の使っているHP作成ソフトの特性もありますので、いわゆる最新鋭高機能専用ソフト活用などからしたら十分ではないかもしれません。その点はお詫び申し上げます、ご容赦くださいませ。

※なお、新着記事などについては、適宜、追加・更新して皆様の植物栽培生活の向上に少しは貢献するような内容を追加していくように心がけています。

一応、現時点(春~夏)では、夏に向けて(夏休み時期含む)記事が多いでしょうが、夏終わりから秋~冬への栽培も葉物、根菜、花卉(花)などとっても多種多様で面白く、また、”夏に較べりゃ虫少なく やっぱり楽”なので結構有利かもしれません。

※スプラウトなどは年中栽培できます!あれらは凄いですね。

←ホームトップへ HOME Top

購買サイト(詳細な説明や利用例等へ) 弊社購買サイト(全製品)リンク

amazon で SIMERUS水やりテープ も購入できます

アマゾンで SIMERUS水やりテープ の検索が分かりやすいです(2セット販売)


大規模生産・緑化向け装置に関してもお問い合わせください。

Copyright(C) (株)緑水学舎All right reserved

最新更新日 2021/3/4