⑤楽々底面給水シート式底面給水システムプランタ・鉢(水面設定型)サイズ10号ぐらいまで

※栽培結果などについては、順次追加していきます。大抵の場合、写真はクリック・タップすると拡大できます。

現在は、準備法の記事です(最終更新4/10)。

特に断りのない限り、土壌は通常市販の培養土を対象としています。砂質土壌、粘土質土壌などでは十分な効果がない場合があります。なお、弊社の推奨する底面給水法(④~⑥)では、鉢底石は使用しません。また、ペットボトルを使用する①②の方法においても、後での対応の自由さ、基本的に、あまり水が漏れないことから特に使う必要はありません。したがって後の片付けも楽です。

この記事の例では、楽々底面給水シートは、2枚使ったケースで説明しています。できれば、ミシン目で切り離さないほうが説明に近いです(切り離していても使えます)。

ノウハウ・コツ:始め充填する土の量は、以下の10号鉢(30cm)や不織布ポッド(3ガロン)の例の場合、土壌10L程度以下(このリットルは、市販の土壌袋の書き方での容量)、上端からマイナス5cm程度の高さまでとしておくのが後のメインテナンスで非常に有利です。なお、鉢底石は使いません(使用不可です)。


楽々底面給水シートには、水面を設定するモード(野菜など向け)と、水面を設定しないで使うモード(花卉類など水があまり要らないもの向け)があります。ここでは、水面を設定する絶対給水能力の大きい方法を活用します。また、時々最新の内容に修正する予定です

使用する鉢底は、比較的平坦な形状のものをお勧めします。なお、市販の(高価な)”底面潅水プランター”などとされている腰水専用鉢・プランターでの使用にはこの方法は向いていません(構造上無理があります)


記事⑤では楽々底面給水シート(2枚分)を使った、自動給水ですが、水分の伝達のためのちょっとした工夫があります。その点については、ウエットティッシュがビシャビシャになるような保水(性)だったらそれが良いみたいな単純なことではありませんのには気を付けて下さい。

なお、鉢の直径(号数)などが大きさが大きくなると土壌の体積は、3乗倍で増える傾向です。そのため、必要なウエットティッシュ枚数などは簡単には言えなくなります。したがって、簡単にするため、ここでは10号(直径30cm程度)までの大きさで考えています。なお、極端に縦に深いプランタ・鉢や素焼きなどの1孔式の鉢などにはこの方法は不向きです。その場合、記事①②のペットボトル式や他の方法を試してください。

さらに土壌深さに、水の広がりやすさなどに関連しますが、10号鉢で土壌は10L程度までが目安です。

長方形のプランタの場合などでは、上から見た面積から大体の植木鉢の号数に換算して考えてください。


基本的に、記事③の水面設定皿・パッドを準備しておいて(さらに猫除けマットなどを補助に使います)、さらに、底に多数穴の開いた植木鉢キッチンタオル、ウエットティッシュなどを用意します。

以下の写真のように、適宜、このように、ウエットティッシュを鉢底の穴に通していきます(ウエットティッシュはアルコールなどを抜くためあらかじめ洗浄します)。

ウエットティッシュ使用枚数は大体ですがxx号≒xx本

号数(3cmが1号)として、号数程度の本数かやや多め、つまり、27cm程度のもの(9号鉢)だと9本程度で、以下の写真のように内外まんべんなくセットできる切りのいい本数で考えてください。例では、内側3本、外側6本程度をセットしていきます。

なにかと思えば、イカの卵とかみたいですねえ。

ウエットティッシュは、出来るだけ接触面積を確保するため、広げてセットします。例では9枚程度均等に。

この後、土壌の漏れを防止するためのキッチンペーパーを敷設します。そののち、土壌を充填します。

なお、鉢底石は使いません(機能しなくなります)。そのまま、土壌を充填します。


水面設定の方法に関して、その高さ設定に関して、記事④の記事のように、猫除けマットを使うなら(ここでの方法にはとげ側が下にするのが望ましい 記事④の逆を鉢の底面のあわせた形状で敷いておきます(高さ2.7cm)。

なお、苗育成用のプラグトレーはホームセンターの栽培コーナーに結構普通に売っています、2cm~4cm位までの高さの違いもあります。今回の目的には、4cmくらいのものが適当で升目に沿って適宜切り取り形を整え使用します。

以下の写真のように、楽々底面給水シートの黒の表面を上側に敷き、両端は下に巻き込み水に漬かるようにします。

また、ウエットティッシュの足の部分はできるだけ底面給水シート上に押し込んで載せていきます。また、ウエットティッシュは、直接水に漬けたりはできるだけ避けます。

また、絶対に水気皿の縁にかからないようにしてください(漏水の原因になります)。

※この例では、楽々底面給水シートは2枚使っています(詳細は弊社にお問い合わせください)。

 

※上の写真のように、楽々底面給水シートの両端が下の水面に確実に漬かるようにします(例では、余裕をとって長辺20cm程度-幅は14cm)。

出来上がりはこのような感じです。ウエットティッシュは、敷きこめずどうしても余ったら、そこを切り取ってしまうなども無難です。

水面の位置(高さ)は、楽々底面給水シートの2cm下を基本に考えてください。調節は、底面給水シートを敷いてある植木鉢台の高さと、給水タンク高さで調整しますが、

通常、例のように4cmのプラグトレーで高さを確保したら、例で示すような10L水缶で大体水深2cm程度になることが多いと思います。そのまま、それぐらいが基本と思います。もともと乾湿に対する自動調整機能もあるのであまり神経質になる必要はないと思います。

余程精密なことをしたいとかでなければ特に問題にはならないでしょう(この2cm条件でも下手な水分センサーや気象フィードバックなどでやるより?十二分に精密と思います! 栽培記事は2021年、色々出していく予定です)。

※なお、鉢底が漬かるような水面高さには絶対にしないでください(確実に過湿になり本方法の意味がなくなります)。また、水面高さが、鉢底より4~5cm以下になってくると逆にほとんど給水が期待できなくなります。


注意 ベランダ床などは、水はけのため少し傾斜しているのが普通なので、水受け皿に水がはれていない場所ができていないかチェックします(その場合、全体の水位を上げてやる)

この猫除けマット式、プラグトレー式では、極端に重いものは載せれませんので注意して下さい(10号鉢ぐらいまでが見当)。

 

※給水タンク(水色)のコック側穴の位置が水面高さとなる


具体的な給水能力の調整は、栽培例の中で、しばらくしてから記事にアップしていく予定です(多分トマト類かキュウリ類栽培で)